人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2008年 04月 23日 ( 2 )

天狗の陰謀

家族で地元の居酒屋「天狗」で晩飯を食う。

一品の値段が300円台で安い人気のチェーン店。久しぶりなのだが、食べていくうちにあることに気づいた。

ちなみに自分が注文したのは、鳥の唐揚げ、手羽先の唐揚げ、するめの一夜干し、えんどう豆、生ハムピザなど。

どの料理も塩を効かせすぎ。塩加減を明らかに間違っている、と感じるぐらい塩辛い。手羽先は名古屋風の香辛料を効かせたものだが、胡椒も塩も効きすぎて味が濃すぎる。

えんどう豆も塩を振りすぎている。

生ハムも塩が効いている。

一夜干しも濃い塩水に浸していたのではないかと思うぐらい塩が効いている。

別に自分の味覚がおかしいのではなく、家族も同意見。

天狗には何度も来ているが、ここまで注文したすべての料理が塩辛い、と感じたことはない。

料理の単価が安いので客単価を上げるためには、ビールなどをガンガン飲んでもらわなければならない。

これだけ、辛いとビールで流し込みたくなる。

店長が売り上げを上げるために、本来のレシピ以上に塩を二振りする指示を調理場にしているのではないか、と勘ぐりたくなるぐらいだ。

夏場、気温が1度上がるだけでビールの消費量が上がることは実証されている。料理も塩辛いとビールが飲みたくなるのも道理。

毎日、この天狗で飲んでいたら高血圧まっしぐら。その先は脳卒中。

今夜はのどが渇いて夜中に何度も目が覚めそうだ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-04-23 21:51 | 私的ネタ
国民健康保険が崩壊するからと後期高齢者保険制度なるものを制定して、75歳以上のお年寄りからも保険料を年金から天引きするようになった日本。諸悪の根源は役人の税金の無駄使いにほかならないのに、信じられない事件が起こった。

市町村が集めた国民健康保険を管轄する茨城県国民健康保険団体連合会ではあろうことか、34歳の会計主任が、3年間で10億円も着服して、そのカネを競艇につぎ込んでいた、という出鱈目ぶりが発覚した。

会計監査による発覚ではなく、会計主任が上司に手紙を書いて告白した、ということだからこの杜撰ぶりがよく分かる。

1回300万円使っていた計算になるが、この間、誰も気づかなかったというのだから、適正な会計監査は一切行われていない、ということになる。団体連合会の理事長を市長が兼任していることを見ても名誉職だということが分かる。

社会保険庁という組織が腐りきっている。

保連合会の目的にはこう書かれてある。

国民健康保険法に基づき、会員である保険者が共同してその目的を達成するための事業のほか、老人保健法及び介護保険法に基づく事業を行うことを目的とする。

これだけ、国民健康保険のことが問題になっている最中の信用失墜。

この10億円は誰が返済するつもりだ。

刑務所へぶちこんでもカネにはならない。

いっそ、中国の証券会社にもぐりこませ、インサイダー取引きで100億円ぐらい稼いでこいといいたい。

それより、10億円丸々負けたわけではないだろうが、勝率はいかに。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-04-23 12:39 | 社会ネタ