人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2008年 04月 10日 ( 2 )

銀座の母の占いに対してたむけんが挑戦状を叩きつけた。

3月7日に放送されたTBSのドリームプレス社でたむけんが、「炭火焼肉たむら」のチェーン展開を銀座の母に相談した。ところが母の答えは「やめとけ」。

母は手相を見て結論を下した。

財運線は小指の下のふくらみに出る縦の線。この線がある人は、金運と人望に恵まれる。
ただし、財運線に横線が入っていると、金運が妨げられる可能性があるため、起業や保証人になるのは避けたほうがいい。

たむけんの場合は財運線が切れているので事業を拡大しても失敗するので、母はやめるように忠告した。

この時、たむけんは3店舗目の場所もすでに確保しているので非常に残念がった。たむけんとしては果敢に攻めろという答えが欲しかったのに、間逆だった。

ところが、たむけんは銀座の母に刃向った。6月に名古屋のサンシャイン栄に3号店をオープンすることを明らかになった。

1973年5月4日生まれ。A型。根は寂しがり屋でうまい話には飛びついてしまう。実際株で失敗したこともある。

母の占いが当たったかどうか、結果が出るのは1年後?

大阪はまだ本人の目が届くが、遠隔地となるとなかなかそうはいかなくなる。たむけんがだまされていくパターンのように思えてもくる。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-04-10 18:03 | 芸能ネタ
厳戒体制が敷かれる中、さらにコース変更しての聖火リレーがサンフランシスコでスターした。

約10キロのコースを90人が聖火をつないでいく。

リレーの集団を妨害する映像はまだ流れていない。

ルートを変更しても、ヘリが上空から狙っているので、リレー集団がどの辺りにいるかは検討がつく。

IOCはサンフランシスコの騒動によって、今後の世界リレーを中止するかどうかの判断材料にするようだが、IOC内の意見も続行派と中止派に別れているようだ。

いずれにせよ、聖火が世界を回るということは、チベットの人権問題だけをクローズアップすることとなり、中国には不利な状況が続くだけ。

お祭りムードに水を差す。もはや放水状態だ。

自分の蒔いた種だからしかたない。北京オリンピックは中国がこれまでどんな酷いことをしてきたかを世界がおさらいできる画期的なオリンピックだ。

おりしも、日本人が手塩にかけて育ててきたブランドの名称を中国で商標登録する蛮行に出ている。松阪牛や九谷焼、鳴門金時などが狙われている。

日本固有のブランド名を盗すみ、中国製のニセモノにそのブランドを冠して高く売ろうという魂胆のようだ。

日本人としてはチベットの人権問題以上に怒りがこみあげてくる。東シナ海の油田開発なんかまさにこの手法。他人のものも自分のもの。

恐るべし中華思想。

北京オリンピック後でもいい。

ナゼこんな資格のない国で開催することになったのかIOCは糾弾されなければならない。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-04-10 08:36 | 海外ネタ