人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2008年 03月 29日 ( 2 )

図書館の利用客のマナーを巡って隣接するホームセンターがついに怒りを爆発させた。

問題になっているのは高槻市芝生町にある芝生図書館とコーナン高槻店。

最近、1階部分の駐車場を増設して以来、図書館の利用客がコーナンの駐車場に車を止め買い物もしないでそのまま帰るケースが頻発している。

堪忍袋の緒が切れたコーナンは、「図書館利用だけでコーナンの駐車場を使うのはご遠慮願いたい」と図書館側に申し入れた。

駐車場には交通整理のガードマンがいるので、そりゃ分かる。コーナンに車を止めて店には入らず図書館の方に向かい、本を抱えて戻ってきてそのまま帰る。

図書館には駐車場は備えられている。ただし有料。1時間までが100円で、以降2時間まで200円、3時間まで300円、といった具合。

つまり、図書館利用客は100円をケチってコーナンに車を止めているわけだ。

100円の攻防だ。

コーナンとしてもあまり強く出られない。図書館帰りに客になる可能性があるからだ。だからいちいちそんなことで目くじらを立てるな。ケチケチするな、という言い分もあるだろう。

ケチとケチの戦いだ。

完全な打開策ではないが、一つだけ緩和策はある。

茨木市の中央図書館では30分以内なら駐車場代は無料。それを超えると100円取られる。本の返却だけ、あるいは30分以内に借りる本を選べば駐車場代はかからない。

芝生図書館もこの方法を採用すれば、コーナンへ車を止める客も減るはず。

ただ、芝生図書館にはプールとスポーツジムも併設されている。こちらの利用客は30分以内はありえない。軽く1~2時間は汗を流す。

難敵はこっちの客だろう。

コーナン高槻店はたまに買い物に行く。雨の日は車で芝生プールへ行くのでコーナン駐車場派だっりする。

ま、コーナンさんよ、腹もたつだろうがいつかお客さんになると思って目をつぶってくれ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-03-29 18:51 | 社会ネタ
普通の路線バス内の傷害致死事件かと思ったらそうではなかった。

競輪場と駅を結ぶ専用バスだった。

しかも、レースが終わって帰路に向かうバスの車内だった。

事件が起こったのは26日の午後4時40分。

三重県の松阪競輪場から松坂駅に向かう無料バスの車内で事件は起こった。車内でケータイで電話していたことを「やかましいやないか!」と注意された58歳の男が、注意した61歳の男性の胸倉をつかみ、座席に押し付け頸部を10分ほど圧迫し続けていた。

競輪場から駅までは1キロほど。乗ってからすぐにけんかになったものと思われる。

どうせ2人ともこの日は負けたんだろう。

負けて神経がカリカリしていたから車内のケータイ電話がいつも以上にむかつき、注意された方も負けていたから余計に怒りが頂点に達して、必要以上に力を加ええ首を押さえつけたものと思われる。

駅に着いても2人がもめていたので運転手が警察に通報。かけつけた警察官が2人をバスから降ろして事情を聴取している最中に、61歳の男性が倒れて意識不明となった。

搬送先の病院で27日午前6時に死亡したことから傷害致死容疑で津地検に送検された。

これが2人とも大勝ちしていたら状況は一変しただろう。

ケータイで大勝ちしたことを報告する男に、「あんさんも勝ちはったんですか。わても勝ちましてん」と声をかけ意気投合。松阪駅前あたりで、松坂牛をあてに祝杯をあげていたかもしれない。

切れやすいのはもはや若者だけの特権ではない。

中高年も切れやすく凶暴でたちが悪くなっている。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-03-29 09:59 | 社会ネタ