人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2008年 03月 01日 ( 2 )

チャイナスクールということばがある。

中国語会話の学校ではなく、外務省内に中国語を専門に研修し、中国関連のキャリアを経験した外交官を指す外務省用語で、親中派を指すことばでもある。

チャイナスクール出身者とは、外務省や政界で中国寄りの人たちのことをいう。

で、再び青山繁晴の登場だ。

毒餃子事件をこう解説した。

先月21日に来日した唐家璇国務委員は高村正彦外相と福田総理と相次いで会見している。

来日目的は4月に来日する胡錦涛主席の露払いのようなもので、高村外相との会見では餃子問題も話し合われている。

その席で、唐国務委員は「小さく解決した」と要望したという。つまり、政治決着しよう、というお願いだ。

そのことを福田総理との会談でも引き出したら、福田総理はニコニコしながらうん、うん、と頷いたという。

外務省や政治家の中にはチャイナスクール出身者が存在しているわけで、唐国務委員は政治決着のために来日した、と青山繁晴は示唆する。

この手土産を持って帰った唐国務委員によって中国公安当局は、製造過程で混入した可能性を「極めて低い」と結論づけた。

これに激怒したのが警察関係者。

中国公安当局の話では犯人とおぼしき退職者を4~6人拘束しているということになっていたのに、「話が違う!」

ただ、100%否定されたわけではなく、退職者のことには触れていない。

いざとなれば、退職者を犯人として発表する可能性はあるが、なりたくてなった総理職ではないだけにやはり福田爺さんでは荷が重いようだ。

もっとちゃんと日本の舵取りができるリーダーよ、出て来い!


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-03-01 18:53 | 海外ネタ
イージス艦「あたご」事件は静観していたが、青山繁晴がテレビで吠えていたので触れておく。

海難事故は双方に原因がある。

従って、あたごの船渡艦長が吉清さんのもとを訪れて謝罪したことで、遺族は「誠実に謝罪してもらった」と怒りを納めた。

海上ルールがあるにせよ、大型船に対して小回りが効く漁船が回避することが、わが身を守る最良の手段のようだ。

青山繁晴は事故原因を次のように挙げた。

①見張り員

②自動操舵

まず、①については艦橋で見張り員が目視していたのに、見落としたなどと責任を押し付けるのはかわいそうと擁護した後、イージス艦の中枢は「戦闘指揮所」でここですべてのことが分かる、と指摘した。

で、問題視したのは自動操舵だった。

自動操舵とは本来民間用のもので大型船を少人数で運航するために開発されたもので、本来軍艦に付けられるものではないそうだ。

そもそも軍艦は24時間有事の緊張状態の中に置かれているものであり、自動操舵の必要性がない、という。

それでも、自動操舵を取り付けているケースがあるが、戦闘状態で操縦する要員が死傷しても艦を動かすためだという。

2007年3月に海上自衛隊舞鶴基地に配備された最新鋭艦あたごもオプションで自動操舵が付けられたようだが、こんなことが「税金の無駄遣い」と切り捨てる。

で、本来、自動操舵は使わないはずだったのに、船渡艦長は自動操舵を使っていた。

ハワイでの対空ミサイル発射試験などの派遣訓練を終え、緊張感から開放されて、使ってはいけない自動操舵を使ってしまったのだろう、と推測する。

その原因をさらにこう分析する。

「海上自衛隊は軍隊ではない。自衛艦であって軍艦ではない。サラリーマン化して艦長が寝ていたことも問題。自衛隊がいびつな存在であることが一番の問題」

自動操舵は本来、軍艦には必要のないものであること。
軍事商社の口車に乗せられて自動操舵を取り付けたこと。
自動操舵は使わないことになっていたのに、最も使ってはいけない海域で使っていた。

「船渡艦長は逮捕されるべきだと思う」と同僚の一等海佐も指摘するほどだが、未だに逮捕されていない。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-03-01 12:28 | 社会ネタ