人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2008年 02月 28日 ( 3 )

毒入り餃子事件から1カ月あまりが経過した。

中国公安当局は28日、北京で記者会見を開き、メタミドホスは袋の上からも中に浸透する実験結果を示し、製造過程で混入した可能性を「極めて低い」と示唆した。

従業員55人を調べたがシロ。

つまり北朝鮮風にいえば、毒入り餃子事件は、わが国を陥れるための捏造報道であり、北京オリンピックを妨害するための反日分子による犯行で、わが国は最大の被害者である、といいたげである。

すごい結論を出した。

袋の上からメタミドホスをふりかけても、中の具材にまで浸透するので、流通過程で起こったもので、それは日本国内の問題で、中国は濡れ衣を着せられた、ということだ。

北朝鮮と軍事同盟を結んでいるだけのことはある。同じ思考回路だ。

日本政府はこんな回答を寄こされてどう対応するつもりなのだ。

この問題が起こったときに、コープ製品から検出されたことで、コープ製品の信頼性が崩れたことを真っ先に指摘した。

組合員からは中国製品を不安視する声が日増しに高まり、主原料と加工がともに中国の商品については原則取り扱わない方針を打ち出したコープもある。

民間企業は中国製品を扱わない、と態度を明にした。民間企業による国交断絶だ。

メタミドホス混入は日本で起こった、といいたげな中国に対して日本政府はどう対応するのか。

民間企業同様に日本政府としては北京オリンピックボイコットをちらつかせるぐらいの強い態度で臨まなければ、このまま没問題で逃げ切ることは明白だ。

最後のカードを切らなければこの問題は解決しないのか?

ことばも礼儀も正しいが、存在するだけで威圧感のある人に今日出会った。

日本にはその威圧感がないから舐められるのだ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-02-28 23:17 | 社会ネタ

ハンカチ王子の先輩

つかみは早稲田大学野球部の斉藤佑樹投手のケータイ番号を知っていることだ。

ポケットからおもむろにケータイを取り出すと、アドレス帳を開いてみせた。そこには斉藤佑樹(早稲田)090-●●●●-●●●●

「覚えちゃダメですよ! 私も電話はかけないということで教えてもらっているんですから」

「どうしてゆうちゃんの電話番号を知っているんですか?」

「後輩なんですよ」

「えっ! ということは早実ですか」

「そうなんですよ。ショートを守っていまして、3年生の時に東京都の決勝で帝京に敗れて甲子園にはいけませんでした。でも翌年、選抜で甲子園に行きまして、その時はバッティングコーチとして甲子園でノックをさせてもらいました」

早稲田実業野球部のOB会が年1回開かれる。600人ほどが集まるOB会には王監督をはじめ、現役プロ野球選手やプロOB、社会人など様々な人が集う。去年は斉藤佑樹もOB会に参加したのでいつもより参加者は多かった、という。

野球部ではないテリー伊藤まで参加していた、というから生ゆうちゃんが見たかったのだろう。

そんなこともあってか、ゆうちゃんには専用のマネージャーのような人物がガードしていた。

先輩風を吹かせてもケータイの番号をゲットすることは難しい雰囲気だった。そこで考えたのがゆうちゃんとバッテリーを組んでいたキャッチャーを捕まえて、「ケータイ番号を教えて」と迫った。

早実から早稲田大学に進学した。

所沢キャンパスに新設されたばかりの人間科学部へ入学した。同期にはスキーの荻原兄弟がいた。

早稲田でも野球を続けたが2年生の時に肩を壊して野球部は退部した。4年で大学は卒業した。
早稲田・野球部。就職先は大手総合商社など3社から内定をもらい、大手損保会社に入社が決定していた。

入社式の直前になって辞退した。

大企業を捨て、アルバイトしていたベンチャー企業の将来性に賭けた。ピザのデリバリーが出始めた時代だった。社長は弁当の宅配で日本一になるという夢を熱く語った。情熱にほだされて、一緒に未来を切り開く道を選択した。

5年ほどで店舗は53店舗まで膨れ上がった。

その市場に大手が目をつけ会社は吸収される。

創業時のメンバーが出て新会社を立ち上げようとした矢先に、社長が飛んでしまった。

と、この人の半世紀を書き始めたら止まらなくなってしまった。
でも、これ以上書くと迷惑がかかるかもしれないのでこれくらいで止めておく。

ちなみ、上背があと10センチ、体重が10キロあればプロでも活躍できたかもしれないと専門家はいう。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-02-28 16:53 | 私的ネタ
村上充俊。79歳。

ロス疑惑事件の再燃で24年前、この事件を現地で取材したリポーターが再びブラウン管に戻ってきた。

一美さんの両親と年も近いこともあって、当時は親交もあったようだ。

昨日、朝ズバに登場した村上リポーターは、いてもたってもいられないとばかりに、スタジオ出演を終えると、その足でロスに飛んだ。

で、今朝は現地からの生リポートだ。

「周辺の景色は様がわりしたけど、駐車場の一角だけが、ゴミは散乱しているけど、なぜだかそのまんま」と現地での感想を伝えた。

まるで現場が未開決事件を解決して欲しいとの願いから、変わらぬ姿を残しているかのよに。

しかし、村上リポーターは79歳とは思えない、若さに加え声にも張りがある。さすがに元俳優だけのことはある。

リポーターとしての活躍の場はないだろうが、健康食品のイメージキャラクターならピッタリだ。

恐らくあっちの方もまだまだ現役だろう。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-02-28 08:36 | 社会ネタ