人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2007年 09月 22日 ( 3 )

バラエティー番組で出川哲郎がアメリカ人に土下座していた。アメリカ人を怒らせ、日本の文化である土下座がどの程度通用するかの実験だ。

家のガラスを野球ボールで割られた主人が外に出てきて、犯人を探しているところに出川が出て行って謝るというシチュエーション。いつものへっぴり腰で「ソーリー、ソーリー」と恐る恐る家人に近づく。

主人は「金を払え」「クレジットカードは持っていないのか」と怒り心頭。

出川は「ノーマネー、ノーマネー」「ソーリー、ソーリー」を繰り返すばかり。そこで突如出川が土下座に出た。

いきなり地面にひれ伏す姿を見て、主人はびっくりして後ずさりした。

平身低頭さがアメリカ人にも通じたのか、「もう、分かったから立てよ」と出川の腕を取った。許してもらえた。

初めて見る土下座に「病気で倒れたのかと思った」とびっくりしたようだ。

本題はここから。

高知の飲食店で起こった暴力酔客に警察が加担して従業員に土下座させた事件だ。土下座論争に発展しそうな予感がする。

事件のあらましはこうだ。

18日の深夜1時、飲食店で男女3人組の客が「注文したものがこない」と皿を投げつけるなどして暴れたために、店は110番通報した。

駆けつけた警察官が任意同行を求めると客の妊婦が逆上して、女性従業員を警察の前で平手打ちした。

客を外に出したが、事態は収拾できず、2時間あまりも揉めた。そこで客が要求していた土下座を警察が促して店長ら3人の従業員が客に土下座して謝ってことが収まった、という次第だ。

警察は客が従業員に暴力を振るったのを目の前で見ていながら、暴力酔客のいいなりに店側を土下座させたことが問題になっている。

注文したものがなかなか来ない。こんなケースは往々にしてある。客の立場になれば一番頭にくる。でも、大半の人は酒を飲んでも理性を失わないので、静かに怒りを伝える。

いくら酒が入っていても、皿を投げつけて暴れるのはよくない。

それに対して警察を呼ばれたものだから、客も怒りが頂点に達したことは容易に推察できる。

客の言い分はおそらくこんな内容か。

「注文したものをもってこないお前らが悪いんだろうが!わしらが悪いんか!警察を呼ぶとは何事だ!客を客とも思っていないのか!こらぁ!客をなめとんのか!謝れ!土下座して謝らんかい!土下座するまで絶対許さんからな」

いくら客とはいえ、従業員を殴った時点でアウトだろう。

警察官は4人も来たというのに2時間余りも事態を収拾できない、ということは問題解決能力がないばかりか、暴力酔客側に立って早く終わらせようとしたやり方は非難されてもしかたない。

ただ、中には客を客とも思わない接客態度のひどい店もたまにある。

「そんな注文聞いていない」「お前らの勘違いだろうが」なんて店が応酬していたら、そりゃ殴りたくもなるが、そんな会話があったとは想像できない。

出川がこの店の従業員ならすぐに土下座してコトは収拾できただろうに。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-09-22 18:12 | 社会ネタ
先週の土曜日に書いた「くずし屋とりづ」が、今日放送されたあさパラのいきなり急上昇キーワードの1位?に取り上げられていた。

これはインターネットの検索ワードランキングを毎週集計したもので、急上昇したワードを紹介するコーナー。

急上昇した理由は、番組で取り上げられたため、としているが、あの番組ではお取り寄せグルメが何品か紹介されていたが店名が強烈に印象に残ったためか。

スタジオには「くずし屋とりづ」のじゃこてんやちくわが登場。出演者たちがぱくついた。これでまた検索されていることだろう。

ちなみに「「くずし屋とりづ」をヤフーで検索すると、自分のブログが2番目に出てくる。

検索といえば、最近当ブログの検索ワード第一位が「尿管結石」。

b0017844_1232014.jpg


尿管結石体験記 二度と結石はごめんですというサイトで当ブログの体験談が紹介されているため、ここんとここのキーワードがずっとランクインしている。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-09-22 12:45 | 社会ネタ
朝青龍がモンゴルへ帰国したのは8月29日。それからわずか3日後には兄がモンゴル国営テレビの取材に応え、来日が秋場所千秋楽辺りであることを示唆した。

そのときの報道が正しかったことをなぞるように、今度はモンゴルの一般紙「ウッデリー・ソニン」が今月末にも来日する可能性を伝えている。

それによると、朝青龍の父の知人の談話として「治療が終わったらすぐに日本へ戻るようです」と掲載。その最後の治療が一番早くて24日であることから、今月中の可能性が出てきた。

しかし、帰国早々に兄が出したコメントを裏読みすると、モンゴル利権ビジネスのために、本人がどうしても帰らなければならない事情があった、と見るほうが辻褄が合う。

モンゴルの先輩力士だった元・小結の旭鷲山とはモンゴル利権を巡って土俵の下でも覇権を争っていた。

相撲界を引退した旭鷲山は現在はモンゴルへ帰り、実業家としてバリバリ働いているようだ。旭鷲山が引退する原因となったのが、モンゴルの金山開発、という投資話。ここで暴力団とトラブルになり廃業に追い込まれた。

モンゴルのパチンコ店利権に絡み、着々と実業家の道を歩みながら、政治家も目指す旭鷲山。

モンゴルの手付かずの地下資源利権を相撲界では先輩だが格下の旭鷲山に奪われてなるものか!と敵意をむき出しにしている朝青龍。

契約を巡ってどうしてもモンゴルへ帰る必要があった。精神病を患っている演技をしてでも絶対に帰らなければならなかった。

帰って早々に契約も終わった。一件落着。

後は治療するふりをするために、3週間ほどモンゴルでのんびりする。

心の病の治療をするために帰国したのに、帰国早々に来日予定日が分かること自体が仮病だったことを証明するようなもの。

モンゴルで親族がビジネスを拡大するためにも、朝青龍の相撲での収入はまだまだ欠かせない。

早目に帰って体を作り、本業にも本腰を入れる必要がある。

そう考えると朝青龍がモンゴル帰国にこだわった理由が氷解するのだが、どうだ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-09-22 11:17 | スポーツネタ