人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2007年 04月 17日 ( 2 )

長崎の伊藤一長市長が選挙期間中、事務所前で山口組水心会会長代行に背後から狙撃された。心肺停止の危篤状況が続いている。

今日は17日。狙撃事件があったのは今日の午後7時ごろ。

犯行が行われる前にテレ朝の報道ステーション宛に、犯人から犯行予告とも思える手紙が送りつけられている。市長に抗議する内容がしたためられていた。

テレ朝は「犯行予告」と放送しながら、狙撃を未然に防ぐことができなかったことに対して、クレームがきていることを明らかにするとともに、番組の中で古館が次のように釈明した。

「犯行声明と報道したことは誤りであり、(声明文が届いたのは)15日の日付で届いたのは夜だったので物理的に動けなかった」

奇しくも、今日はアメリカの大学でアメリカ史上最悪の銃乱射事件で32人が犠牲になった。

報道ステーションは外国で起こったことをトップニュースに持ってきて、延々とこれを報道した後で、長崎市長狙撃事件に移行した。

ニュース23ではトップは長崎市長狙撃。犯行理由は分からない、ともどかしい報道を行っている。

少なくとも報道ステーションには便箋で3~4枚ほどの犯行予告が届いているわけだから、狙撃した理由はどこよりも掴んでいるはず。その内容の詳細を伝えることなく、アメリカの大学の銃乱射で時間稼ぎしてた。

さらに、政治家のどうでもいい次のようなコメントを流し、テレ朝が手紙の内容を精査できなかった責任を逃れようとした。

「政治活動の発言をやめてはならない」(加藤紘一)

「銃による暴力には屈してはいけない」(鳩山由紀夫)

いずれにしてもテレ朝は手紙の内容を明らかにして、犯人の動機を報道する役目はあったのに、それをさっさと放棄してしまった。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-04-17 23:21 | 社会ネタ
スポーツ特待生というのは高校野球でもバリバリにやっている、と思っていたら日本学生野球憲章で禁止されていた。

初めて知った。

その理由が高校野球は甲子園人気と相まって特に人気が高い。そこで優秀な選手を獲得するために過剰な特待を防ぐことが目的のようだ。つまり授業料免除だけでなく、それこそ支度金のような金までが動くことを未然に防ぐためであろう。

しかし、この特待生制度が禁止されながらも、このルールを破っているのは問題が発覚した専大北上高だけではないことは、容易に想像がつく。親元を離れ遠くの他府県へ野球留学する優秀な選手は全部特待生だと思っていた。

かわいそうなのは特待生で入学した選手だ。特待生が原因で野球部が自主解散になった、と思われたのではやるせない。

学校側は特待制度を廃止すると父母会で説明したようだが、簡単に了承は得られていない。家計が貧しければ、寮費から授業料などを新たに負担しろといわれても素直に分かりました、とは返事できない。

現役野球部員93人中26人が授業料免除などの特待生である。特待生ということはそれだけ野球の技量もあるわけだろう。

学校側は特待制度を廃止して、授業料を払う形で再生するようだ。そうでなければ高野連も再加入にはクビを縦には振らない。

高野連を除名になる前に野球部の自主解散を取った。夏には間に合うように高野連の寛大なる処置を待つしかないわけだが、万一、夏の大会が閉ざされたらそれこそ野球をやめて自暴自棄になり、道を踏み外す者だって出てきそうだ。

高校野球が他のスポーツに比べてここまで突出するのは、主催する朝日新聞に原因がある。専大北上高を批判するばかりでなく、選手がグレないようにフォローしてやることだ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-04-17 13:07 | スポーツネタ