人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2007年 02月 28日 ( 1 )

冬の東京に雪なし

むしろ、大阪に雪が降ることの方が珍しい。ましてや積雪なんてほとんどない。大阪に雪が降らなくてもニュースにならないが、これが東京だとニュースになる。

改めて、東京のほうが寒いことを知る。

気象庁が定義する冬は2月まで。

その結果、今年の冬は東京に雪のないままに終わりそうだというのだが、これが明治9年に気象観測を始めて以来、初めて雪が降らない冬になりそうだという。観測史上初の危険な兆候だ。

そういいう意味では、地球温暖化の問題を訴えるドキュメンタリー映画「不都合な真実」は非常にタイムリーともいえる。

タイミングがよすぎるぐらいタイミングがいい。まるで、今年の異常な暖冬を見透かしていたかのようだ。

東京で雪が降らない以上に深刻なのが、スキー場だ。新潟では1日も営業できなかったスキー場があるほどの異様さ。

豪雪地帯の積雪対策費も例年の1/10程度。それによって仕事がなくなる業者も出てくる。雪が降らないことを手放しで喜ぶことはできない。

こんな気象が毎年続けば、地球温暖化防止に向けて本格的に立ち上がらなければならない。

つい、この間まで2月だというのに、春を思わせるポカポカ陽気だったが一転して、今日は本来の冬の寒さが戻った。こんなことがあると、まだまだ大丈夫だと勘違いするわけだが、温暖化は確実に進んでいることは間違いない。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-02-28 22:19 | 社会ネタ