人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2007年 02月 26日 ( 1 )

単純計算すると中村ノリが今年納めなければならない税金は8000万円に及ぶという。去年の年収2億円に対して40%の所得税かかるからだ。

かつては5億円も稼いだいた選手が、「税金が心配。蓄えがないから」といっているようだが、このクラスの選手ともなると税理士もついているだろうから、その辺の対策はきちっとしているはずだが、意外や意外。

プロ野球選手は個人事業主扱いになるため、節税対策が難しいようだ。やはり40%は確実に持っていかれる。

この所得税に匹敵する8000万円といえば、奇しくもオリックスがノリに提示した年俸だ。一瞬、税金払ったら、今年は何も残らないではないか、とそろばんを弾いた結果が物別れに終わったんだろう。

そして、無職になりかけた崖っぷちの状況で、年収400万円でもいいから野球ができることをありがたく思うのは、本心かもしれない。

1軍に這い上がっても最低保障は1500万円。

ノリの1軍での活躍よりも8000万円ともいわれる所得税、さらに市民税などをどうやって払っていくのか、そっちのほうが気になる。急激に年俸が下がるプロ野球選手の場合は特例措置でもあるというのなら別だが。

プロ野球選手の寿命は短い。平均で9年。29歳で引退する。残りの人生の方が断然長い。

ノリのようなスタープレイヤーが年俸400万円から出直すのもプロ野球史上かつてない珍事。

引退後もコーチや野球解説者として残れる枠は極々限られている。

華やかに見えてなかなか大変なのに、女子アナにもてるのはどういうことだ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-02-26 22:39 | スポーツネタ