人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2007年 02月 11日 ( 2 )

週刊現代が報じた横綱朝青龍の八百長問題に対して日本相撲協会は法廷闘争に持ち込むことになった。

アパグループから名誉毀損で訴えられることを望んでいたイーホームズの元社長の藤田氏に対しては、そんな動きは消えてしまったようだ。裁判になれば、すべてが明らかとなり、アパには不利になるからであろう、といわれている。

大相撲の八百長問題に関しても、これまでに週刊ポストがキャンペーンを張ったことがあるが、法廷闘争までには至らなかった。

で、今回は現役横綱に疑惑の目が向けられたため、これまでのように無視するわけにはいかなかったのだろうが、それなりに勝算があるから、と読んでのことだろう。

一方、損害賠償と謝罪広告を求められることになった講談社側は、法廷闘争になって困るのは相撲協会のほうだと強気な姿勢を崩していないが、敗訴した場合は5億円規模の賠償額になるようだ。

大相撲の八百長の場合、証拠はない。

星を買う場合、1番80万円だとも伝えられている。

その金はどこから出るか?

素人でも想像がつくのは懸賞金だろう。朝青龍戦ではいつもたくさんの懸賞金がつくので、1回で土俵を回りきれないために、2周もする。

時間の関係で、2周で最高が50本までに制限されている。

で、気になる中身だが、企業からは1本6万円が提供される。いくらかを相撲協会に収め、税引き後の3万円が関取の取り分だ。

従って、最高で一勝負150万円の懸賞金が手に入ることになる。

状況証拠として、注射代は潤沢にある。

お金を渡すのは巡業先。もちろん、手渡し。領収書もない。

証拠はどこにも残らない。

八百長を疑われた全力士が疑惑を否定する中で、講談社は勝つための隠しだまを持っていることは考えられるが、これがいったい何なのか。

2000年1月、元小結の板井が八百長を暴露して話題になった。板井は八百長の仲介役の立場だったわけだが、外国人記者クラブの会見で証拠を聞かれたとき、
「証拠は私です」と答えている。

手に持っていた皿を落として割った。これを「故意」か「偶然」かを明らかにするのは本人しかできない。

当事者が八百長を認めない限り、八百長を明らかにすることはかなり難しそうだ。

朝青龍と親交があるアルゼンチン出身の元力士は「本人が強すぎるから。よその力士とは練習量が違う」と擁護する。

名古屋場所の時はわざわざ車を飛ばして大阪の新地まで飲みに行って、朝まで騒いでいる。稽古する時間もない。

元々強いから横綱になれたわけだが、横綱の場合、けがをして不甲斐ない成績になれば、即引退の2文字が待っている。ガチンコ相撲を取れば、若乃花のように横綱在位11場所の短命横綱に終わってしまう。

そこで、昔から考え出されたのが、けがをしないように安定して地位を守るシステムが注射相撲なわけだが、4年前に公傷制度を廃止したことが皮肉にも八百長を復活させたようだ。

講談社にはがんばってもらいたい。

で、なければ相撲はますます面白くなくなってしまう。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-02-11 18:31 | スポーツネタ
毎週日曜日は、東京のキー局に朝から出ずっぱりだ。

宮崎県の副知事を誰に任命するか。一地方の副知事人選でこれほど注目を集めたことが、かつてこれほどあっただろうか。

やはり東国原知事の知名度のなせる業。その問題で、朝からフジ、日テレ、TBSをはしごしている。

マスコミ報道の加熱ぶりは、対立候補であった元経済産業省課長の持永哲志氏に就任の依頼をした、ということ。

この問題について東国原知事は複数いる候補の一人と前置きして、こう語っている。

「2人きりで会って話したことなのに2~3日後には報道に漏れた。私は誰にも話していない」

つまり、持永氏がマスコミにリークしたがために、持永氏の名前だけがフューチャーされた。知事がしゃべっていないのだから、漏れた、ということは持永氏以外にいない。大事な相談もできない。信頼関係が保てない人物だった。

加えて、マスコミ報道によって支持者などから「しがらみのある人間」を迎え入れることに予想以上の反発があったことを明らかにした。

さらに、東京に住まいがある持永氏は「土日は東京へ帰りたい」。宮崎に骨を埋める覚悟のない人に副知事を任せられない、とトータル的に判断した結果、持永氏の副知事は消えた。

副知事を誰にするか、すでに腹は決まっているようだが、地元の会見でマスコミは「過熱報道を収めるためにも意中の人の名前を挙げてください」と質問されるとすかさず切り替えした。

「過熱報道しているのはあなたたちでしょ。(過熱報道を)止めればいいじゃない」

その通り。

ところで、和田アキ子よ、知事就任3週間目の新米だが、宮崎県知事に対して、テレビで「あいつ」呼ばわりするのはやめろ。

東国原知事を選んだ宮崎県民に対しても失礼きわまりない。

昔の遊び仲間。手下かもしれないが、今は県知事なんだから敬意を表しろ。それぐらいの社会人としての常識と自覚を持て。

そういう不遜な態度が嫌われることに気づけ。

和田アキ子殺人事件のドラマ化は「現実に起こって欲しい」という芸能界の願望を元に、国民の総意でもあると思っておけ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-02-11 11:41 | 社会ネタ