人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2007年 02月 10日 ( 3 )

進むも地獄。中止するも地獄。それが2009年3月開港予定の静岡空港の実情だ。

こういう県民が必要としない空港は、最初に政治決着ありきで、県民が束になって反対しても大きな力で前進していくものなのだ。

で、需要予測は決定後の後付でしかなく、ふたを開けてみたらその半分が実情だろう。

その結果、毎年の赤字補填は県民の税金から補填されるわけで、その補填分でどこが削られるかといえば、本当に必要な福祉などが犠牲になったりする。

2月6日には、空港建設に反対する男性が、県庁別館北側の歩道で焼身自殺を図っている。後、何人が県庁前で首をつったり、飛び降りたりすれば、県は空港建設中止に向けて重い腰を上げるのだろう。

数人単位では効果がない。

静岡県民版のジハードで蜂起しない限り、予定通り開港に進む。

静岡県は観光資源があるにも関わらず、観光客が少ないのは、空港がないから、と空港の必要性を説いているが、説得力は極めて弱い。

静岡県民そのものが、新幹線で1時間もあれば、東京、名古屋へ行ける利便性から、さほど空港の必要性を感じていない。

必要なのはこの工事で利益を得る土建屋と政治家、官僚だけ。

滋賀の新幹線駅の中止を含め、この静岡空港をいかに工事中止させるかが、今後の日本の進む道だろうに。

税金の無駄遣いストップの象徴的工事だ。

その点、滋賀はまだ本格的工事が進んでいないので、まだやりやすい。

静岡空港はこれまでに1650億円を投入している。

今後、毎年毎年、未来永劫赤字を垂れ流すなら、1650億円は捨て金に、森に返すのが一番の良作。

だいたい、静岡便なんてどこと結ぶつもりだ。

ドル箱の東京便は不要。考えられるのは観光のメッカ北海道・千歳便ぐらい。

ローカル便なのでJALの出る幕もないだろうが、ANAだって儲からない路線はどんどん廃止していく。その論でいえば、開港しても飛ぶ路線がない。

東国原知事が静岡県知事だとしたら、赤字になるだけの空港建設をどう判断するか知りたいところである。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-02-10 22:53 | 社会ネタ
金のあるところから金を騙し取る。

狙われたのは税金だった。

今回、大阪で捕まった詐欺グループの手口はホームレスを使って、生活保護費を騙し取る、という方法だった。

生活保護を受ける場合、以下の条件をクリアしなければ、申請してもお金はもらえない。

①収入が基準以下
②扶養してくれる家族がいない
③貯金がない
④仕事が見つからない

ところが、ホームレスが申請した場合は、審査基準がぐっと甘くなる。詐欺グループはそこに目をつけたわけだ。

詐欺グループは、ダンボールの中に寝ているホームレスに声をかけていくことから始まる。

「今晩寝るとこあるよ」

それに応じたホームレスをあらかじめ契約しているワンルームマンションに連れて行く。

で、そのマンションの住所を元に、市役所へ生活保護費の申請を受けに連れて行く。ここで肝心なのが、仕事を探しても見つからないことが生活保護を受ける上で重要になる。

書類には面接には行ったが、だめだった、と書くわけだが、これまで仕事もしていなかったホームレスを雇う会社などあるわけもない。

役所も一目でホームレスと分かるため、その辺の審査が大甘になる。かくして、ホームレスが生活保護を申請した場合は、いとも簡単に審査が通るわけだ。

こうして月額12万円が受給されることになる。

生活保護費は銀行振り込みではなく、毎月、役所に本人が受け取りに行く。

支給日に詐欺グループはホームレスを喫茶店に集め、全額を受け取る。その中から半月分の小遣いとして6000円を渡す。

部屋代は詐欺グループ持ち。弁当も1日2回支給されるようだ。食うには困らず、路上のダンボール生活よりましな生活は送れている。

詐欺グループは62人分、3800万円を騙し取った、ということで懲役2年の実刑判決を受けた。

12万円の中から経費を差し引いて詐欺グループの手元に残るのは4万円だという。

同じことをホームレスを支援する団体も行っているようだが、数万円を手数料として取っている、というから同じようなもの。

詐欺グループというのは本当に頭が賢い。その才能を世の中で役立つことで発揮できないのかと思う。

税金が安くなる方法とか。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-02-10 18:17 | 社会ネタ
執拗なまでに関テレのあるある大事典問題を追及する朝日。これは偏向報道以外の何物でもない。もっと国民にとって大事な事件を追及するのが大新聞の役目だろうに。

自社カメラマンの記事盗作問題で、ジャーナリスト宣言の広告を自粛したようだが、遅い。

アパ問題を完全にスルーしておいてジャーナリスト宣言のCMが虚しい、と書いたのは1月25日のことだった。

国土交通省が京都市内でアパグループのホテル2棟が耐震偽装があった旨の発表を行ったことでようやくマスコミが取り上げることにはなったが、アパに関してはその後の追及の手がゆるい。関テレ問題よりもアパの方がよほど人間の生命に関わる問題ではないか。

あるある問題よりもアパ問題。

アパの手抜きマンションを買わされた人はどういう思いでいま暮らしているのか、そっちのほうが気になる。

現在建築中で、竣工間近の淀屋橋の高層タワーマンションの売れ行きがどうなのか、そっちのほうが気になる。

工事を中止しているマンションもある。補強工事して再開するのか、取り壊すのか、そっちのほうが気になる。

系列の週刊朝日があるある問題を追及し始めたためか、異様なまでの執念だ。捏造は朝日のお家芸でもあるわけだが、それを他人がやると俄然許せないのが朝日の体質なのか。本当に執念を燃やす事件を履き違えている。

ジャーナリスト宣言のCMを流さないのは正解ではある。

もはやジャーナリストではないから。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-02-10 10:09 | 社会ネタ