人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2006年 11月 18日 ( 3 )

数字のいい加減さ

いつも疑問に感じていることが、初詣の参拝客数だ。面積と密度で計算しているらしいが、数字で発表されると人間は鵜呑みにしてしまう。

で、今日の疑問は日ハムが札幌で優勝パレードしたときに集まった観客の数を15万人と発表していること。テレビのニュースを見ても沿道にはすし詰め状態で、人がびっしり。

ま、それはそれでそれぐらいいたかも知れないが、本題は大阪で開かれている御堂筋パレードの沿道の観客数が110万人ということ。これをマスコミは何ら疑問のもたずに発表する。

日ハムのパレードは札幌駅からススキのまでの1.3キロで15万人。

対する御堂筋パレードは大阪市役所前~難波までの3.3キロ。距離を3倍にしたところで45万人。御堂筋パレードは4時間半、優勝パレードは40分と違いはあるにせよ、この数字のいい加減さは明白だ。

なぜなら、110万人は広島市の人口に匹敵するからだ。御堂筋の両サイドの歩道に広島市の人口が収容できるわけもないし、何回転させたらそんな数字になるのだ。ありえない。

この前も衆院補選の時、阪急茨木駅に安倍総理が応援に来たときの観衆を1万人と発表していたが、あんな狭いところに1万人もいるわけがない。写真を撮っていたので分かるがせいぜい数千。

で、もう一つ。

数字ではないが優勝パレードではビルの屋上から紙ふぶきが舞った。その量は1トンぐらいらしいのだが、後の掃除が大変。

市の環境課が直接するのか、外注の清掃業者がするのかは知らないが、紙ふぶきの後片付けは結構大変だと思う。

球場なんかは送風機のようなもので吹き飛ばして一箇所にかためて一気にかき集めるようだが、道路ではその手法が通用するのか?

日ハムの優勝パレードを見てもそんなことしか目が行かない。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-11-18 20:32 | 社会ネタ | Trackback(2) | Comments(2)
嫌いな芸能人のベスト3に入るのが和田アキ子だ。

何が嫌いか。

芸能界のご意見番を気取り、何でもズケズケと物申す。自分の意見がすべて正しく、それを押し付けるところだ。それに従わないものは陰でボコボコにされる? ような言動もままあるので、誰も逆らえない。

和田が何か発言すると翌日のスポーツ紙がご丁寧に取り上げる。やはり自分の発言は影響力があるんだと、和田の勘違いを増長させる。

深夜、獅童が高岡早紀とファミレスで食事していた写真をスクープされた件で「深夜にマネージャー抜きで仕事の打ち合わせをすることはない」と断言。暗に密会していたことをほのめかし、周りにも同調を求めていた。

そんな和田は本業の歌ではここのところ何年もヒット曲がない。そのため、年末の紅白の出場が危ぶまれている、という。

それで、うなずけたのが1週間前のサンジャポ。番組が始まるやテレビ芸者のテリー伊藤が和田の新曲CDを盛んに褒めちぎっている。

番組の途中、本人も生出演してCDの宣伝に必死こいていたが、出演者の高橋ジョージや学校の先生の今村などに悪態をついてスタジオを後にした。

この傲慢さが鼻につく、というもの。

もちろん、その後に続く自分の番組でもオープニングから宣伝したことはいうまでもない。

吉田拓郎のヒット曲をカバーしたもので50~60代には懐かしいが、ヒットというにはほど遠い売れ行き。紅白出場を賭け、このCDがバカ売れしない限り、30回目となる出場が危ぶまれている。

去年は男性グループに混じるというウルトラCを使ったが、2度も同じ手は使えない。

もし、NHKから「禁煙したら紅白に出させる」といったら、どちらを取るか?

もちろん、タバコだろう。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-11-18 17:20 | テレビネタ | Trackback(1) | Comments(20)
詐欺まがいの儲け話でIP電話の基地局オーナーを募集していた近未来通信のやり口が朝日で報道されて1週間、ついにオーナーが返金に向かって集団訴訟に発展しそうな展開になってきた。

返還を求めているのは300~400人。

一人当たり最低でも1100万円出資している。同社では返金には応じられない、としている。

近未来通信のオーナーの集め方は全国紙や地方紙など新聞広告での大量宣伝。いずれも信頼度の高い新聞だ。

近未来通信に返還するだけの金なんか残っていないだろうから、取りっぱぐれないようにするためにも、新聞各社に詐欺の幇助の罪で、訴えてもいいのではないか。

出資したオーナーの中には、一流紙に広告が載っているから、安心できる会社、と判断した人もいるだろう。

固定電話からケータイ時代。

IP電話の基地局オーナーになっても、ユーザーがいないことには、電話料金などの配当がないことぐらい子供が考えても分かるような仕組みだ。オーナーになれば、泣きをみるのは事前に分かる、というもの。それをちゃんと広告審査もしないで掲載した新聞社の罪は大きい。

オーナーたちよ、併せて新聞社も訴えるべきだ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-11-18 08:01 | 社会ネタ | Trackback | Comments(2)