人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2006年 11月 13日 ( 1 )

場所が同じ秋田県だけに第二の畠山事件と当初から週刊誌は騒いでいたが、さほどの盛り上がりはなかった。

そう、イーホームズの藤田社長が第二の耐震偽装疑惑としてきっこの日記などで暴露したアパグループと安倍総理の関係のように。

似たようなネタは飽きてしまう、ということだろうか。

事件発生から22日目、秋田の幼稚園児が用水路で遺体で発見された事件は、母親(31)が殺害したとして、殺人容疑で逮捕された。

第二の畠山事件だった。

事件後、母親は入院していたが、それは取材を逃れるためのカモフラージュだったのか。

で、またしても事件の陰に女ありではなく、男あり。

2度の離婚を経て現在は50歳の内縁の男と暮らしていたが、不仲が続き、43歳の県立高校の非常勤掃除係と交際していた、というのだが、容疑者の母親の顔写真を見る限り、どう贔屓目に見ても男好きのする顔ではない。

小太りの少年のような顔つきで、とても持てるようには見えない。

離婚後、日頃から虐待を加えていたので要注意親子として児童相談所は認識していたようだが、最終的には「ぐずった」という理由で、突発的に頭や顔をなぐり、口をふさいで殺害してしまったわけで、要注意親子でも児童相談所が24時間監視でもしていない限り防ぎきれるものでもない。

そして、近くの用水路に遺体を遺棄して、行方不明になった、と警察に届けたが、死に方が不自然だったために、当初から母親がマークされていた。

母親の顔を見る限り、鈴香被告のような悪人面はしていないので、素直に自白するだろう。

この母親、殺害した後は畠山事件が事件がふと思い浮かんで用水路に捨てたのか?

と、すれば、いずれ捕まることも分かったはずだ。

新しい恋人との生活に子供が邪魔だったのか。

嘆かわしい。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-11-13 21:20 | 社会ネタ