人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2006年 11月 09日 ( 3 )

やはり出た自殺予告便乗

やっぱり、追従する“愉快犯”は出てくるものだ。

またしても11日を自殺予告日とする手紙が伊吹文部科学大臣宛に届いたようだ。

今度は自称、高校2年生の女子。

前回と違って手紙の全文は公開していない。

「いじめた人も殺してやる」と書かれていたようだが、報道する側も恐らくイタズラ、と見たのだろう。べタ記事扱い。

この報道でまた大臣宛に手紙を出すバカが出てくるだろう。自殺の連鎖と一緒でイタズラの連鎖もまた続く。

11日は全国で何人の自殺者が出るのやら。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-11-09 23:17 | 社会ネタ

今年10月末現在で、世界のPHSユーザーが1億人を突破した、とPHS国際化推進団体のPHS MoU Groupが発表した。

世界といってもアジア圏だけで、うち、9300万人以上が中国市場だ。現在中国のケータイ人口は3億人。これにPHSユーザーを加えると、中国では約4億人がモバイル利用者ということになる。

さらに今後、5億人がPHSユーザーになる、と見込まれている。

中国のケータイは着信に対しても課金されるのに対して、PHSは課金されない。そのため家庭に固定電話を引かないでPHSを使う人が今後益々増える、という読みだ。

ちょっと建物の中に入れば圏外、高速移動では切れる。かつてのNTTパーソナル、アステルによってPHSは使えない、という烙印が押される。

使えないものは消滅するのが自然の摂理。結果的にこの2社は壊滅状態だ。

今のウィルコム技術がせめて97年ごろの日本で確立されていたら、ウィルコムのシェアは恐らく、ドコモとの2強体制を張っていた? あるいはウィルコムが首位を独走していたかもしれない。

そうなっていたら、ソフトバンクの前身であるデジタルホンなんか今はない。跡形もなく消滅していたはず。

日本のPHS技術が中国へ導入されたのは98年。まもなく、ウィルコムの高速移動でも通話が途切れない技術が確立された頃。

この時点では完全に使えるPHSになった。しかも、ケータイより端末価格も安く、通話料も安い。となれば、普及しないわけがない。

中国だけ1億人を突破するのも時間の問題。次の目標は5億人。まさに鼠算式だ。中国でウィルコム同士のように通話無料にでもすれば、その数字も簡単にクリアできるだろう。

こういう中国でのPHS人気を見るにつけ、日本での500万人にもユーザーが満たないことに苛立ちすら覚える。

おりしも、ソフトバンクが決算説明会で創業以来の最大水準の利益を出した、と発表した。ボーダフォンを買収したことによるものだが、数字のマジックに騙されるな、といいたい。

有利子負債も過去最大の2兆491億円に達している。

巨大な借金で、二進も三進も行かなくなったダイエーに益々似てきた。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-11-09 22:47 | 社会ネタ

やっと謝罪来た

盗作問題で動きがあった。

こちらから直接社長にメールを送ったところ、やっと返事があった。社長の直アドへの返信メールなので、本人の名前は書かれていなかったが本物だろう。

一言謝ってもらえばいい、といったら本当に簡単な内容ではあるが、謝罪したので終息することにする。ここまで行動する前に謝罪して欲しかったが、メールを無視しなかったのでよしとしよう。

優しすぎるな。

ま、そんなところで幕引きするか。

その一方で、松本VS槙原の盗作問題は大事になってきている。

ちなみに、先方のホムペはやはり相当な訪問者数になっている。1日で400人以上。やはりブログといえども影響力があるわけだ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-11-09 21:00 | 私的ネタ