人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2006年 10月 30日 ( 1 )

ウィルコムのAB割プランに入っている。

エアエッジフォンのつなぎ放題プランで、これに自宅でのブロードバンドが付いて4263円が基本料金となる。

外ではエアエッジフォンで、家ではパソコンでインターネットが使いたい放題だ。音声通話よりネット重視派にはもってこいの料金プランだ。

出張先ではパソコンにエアエッジフォンをつなげば、インターネットだけでなく、会社宛のメールもチェックできる。

ただし、AB割には音声の無料通話分はない。音声通話は使っただけ請求が来る。
だから急用でない限りケータイを使うことはない。

ソフトバンクが発表しているゴールドプランも音声通話の無料分はない。音声通話は相手がソフトバンク以外では使った分だけ請求が来る。

ここは音声通話相手が一番どこが多いかを考えて契約しないと、請求書が来たときに「こんなはずじゃなかった」と後悔することになる。

そういうことをよ~く考えた人たちのMNPが始まって6日間の推移を王者auが発表した。

それによると、他キャリアからauに転入した件数が10万1200件。一方、転出は2万600件。差し引きでは8万600件の純増。

巨人ドコモは差し引きで6万件の転出超になったことを発表している。

台風の目ソフトバンクは一切の数字を発表していないが、単純計算すればソフトバンクは2万600件の転出超、となる。

あれだけの刺激的な価格を発表しながら、“脱北者”に歯止めがかからないわけだから、ソフトバンク=孫正義を嫌っているユーザーがいかに多いかを物語っている。

やはり、但し書きは米粒のような文字で、0円ばかりをアピールする詐欺まがい商法をみんなが見破った、ということだろう。

それをテレビでもやっているから腹が立つ。テレビで誰があの小さい但し書きを瞬時に読める。

今回の広告代理店がどこか知らないが、とんでもない反感を買う広告を作ったことは間違いないが、孫社長の意向通りに作った結果だとは思う。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-10-30 22:17 | 社会ネタ