人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2006年 10月 21日 ( 3 )

衆院補選で大阪9区にへばりついている民主党の幹部3人がお好み焼きに舌鼓の写真(産経新聞)を発見。場所は茨木市とある。

地元の人間ならこの写真を見てすぐにどこだか分かる。

b0017844_10392361.jpg


阪急本通りの「くるくる」。

ここのお好み焼きとたこ焼きはよく食べる。お好み焼きの中にはもちが入っている。たこ焼きはソースもなにもかけないタイプだが、粉にだしがたっぷり効いていて、たこ本来の味がする。

なんてことを書いていたらくるくるのたこ焼きが無性に食いたくなった。

民主党の幹部3人には、もう一軒の茨木グルメである立ち食いうどんの「たつみや」がお勧め。

くるくるの対面にある。

せっかく茨木に来ていて、この味を知らずに東京へ帰ったのではもったいない。一度でもここの味を知ると絶対やみつきになること受け合い。

かつおたっぷりの出汁は天下一品。立ち食いと侮ることなかれ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-10-21 11:00 | 社会ネタ
北朝鮮と中国のいうことを額面どおりには受け取れない。

なぜなら契約書もあってないようなもの。自分たちが不利になれば勝手に破棄するお国柄だ。

民間契約がこの様だから、小泉前総理が拉致問題で訪朝したときの日中ピョンヤン宣言の中に盛り込まれているミサイル発射実験の凍結もあっさり破られた。

訪朝した中国の唐家セン国務委員に対し金正日は、「追加の核実験計画はない」との考え方を明らかにした、という。

これって中国の体面を保つためのリップサービスとしか思えない。

核実験はしないけど、次はミサイル発射、ということだって考えられる。

中国は北朝鮮に対して国境の一部地域で石油の輸出制限を実施しており、中国からのライフラインが途絶えれば、中朝間で一触即発の事態になりかねない。

この発言を受けてアメリカがただちに金融制裁を緩和するわけでもない。どちらかが譲歩しない限り問題解決にはならないが、この発表は北朝鮮が譲歩した形だが、そんなものは誰の目にも空手形にしか写らない。

核保有をちらつかせながらアメリカから最大限の譲歩=金融緩和を勝ち取ろうとする北朝鮮の瀬戸際外交。その手には乗らないアメリカ。

あくまでも核は持たせたくないわけだが、金正日体制の崩壊~国連統治~民主化~南北統一というシナリオでどうだ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-10-21 09:05 | 社会ネタ

水素燃料バイク登場

石油メージャーの圧力で?その研究が妨げられていた水素燃料。地球資源の中でも限りがある化石燃料がいよいよ底をつき始めたのか、水素燃料の車の開発が進んでいる。BMWやマツダの水素燃料車が実際街中を走っているようだが、まだまだ実験段階。車両価格は2億円ぐらい。台数が増えることで1/10ぐらいに落ちたようだが。

車では身近に感じることがなかったが、ヤマハが水素燃料で動くスクーターの開発を行った。いよいよ水素燃料時代の到来を予感させる。

水素は水を電気分解してつくることができる。いくら使おうとも資源は無限だ。ただ、この方法だと結構コストがかかる。そこで、ナフサ水蒸気改質、ソーダ電解副生水素、天然ガス水蒸気改質、メタノール水蒸気改質、石炭部分酸化など色々な方法があるようだ。

加えて、水素燃料のいいとこは二酸化炭素が排出されないので、地球環境にもやさしい。

それが安価に作ることができるようになれば、人類はエネルギー問題から永遠に解放される。

そうなるとアラブの石油産出国は、世界の金持ち国から一転、貧乏国へと転落してしまう可能性だってある、ということ。

日本が太平洋戦争へ突き進んだ理由の一つに、アメリカから石油の輸入を断たれたことにある。

時として石油利権は戦争の引き金となってきた。

水素燃料は地球を平和にするのか?


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-10-21 00:01 | 社会ネタ