人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2006年 10月 16日 ( 1 )

教師による体罰と言葉によりいじめは別次元の問題だ、と思う。

福岡県筑前町の中学2年生がいじめによって自殺した問題で、いじめの発端となったのが担任の教師による言葉によるいじめがあったことを教師本人が認め謝罪した。

教師が陰湿な言葉の暴力で生徒をいじめるのは言語道断。生徒の手本になるべき教師が、いじめを率先したのでは、そりゃ生徒も教師に続く。

死んだ後に謝罪されても本人が戻ってくるわけではないが、非を認めただけはせめてもの救いか。

自殺に追いやった教師は「一生をかけて償う」といっているが、この教師、かなり気の小さい教師だったことが分かる。

いじめの理由を「からかいやすかった」ということは教師自らが弱いものいじめをしていたわけだ。すぐに非を認めるというのは本人の気の小ささを表している。

こんな自信のない人は、教師失格。威厳を持って体罰していたほうがすっきりする。
同中学校では、今日開かれた臨時集会で全教師が生徒の前に一列に並んで生徒に謝罪したようだが、これで教師と生徒の立場が逆転しなければいいのだが。

学校の教育現場から教師の体罰がなくなったことが、学級崩壊の原因でもあろう。行き過ぎた体罰で生徒を死に追いやるケースがあったことなどから、90年代に入って体罰がなくなってきたようだが、思慮分別のできないガキはある程度体罰を加えながら教育していくことは必要だと思う。

今回の一件で生徒が教師を舐め切って学級崩壊ならぬ学校崩壊になるような、助長した態度に出なければいいのだが。

体罰をある程度認める教育改革が必要だ。

責任を感じて今度は本人が自殺しなければいいが。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-10-16 21:41 | 社会ネタ