人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2006年 10月 13日 ( 1 )

ウィルコムユーザーには縁のないナンバーポタビリティ制度。

大騒ぎしているわりには、実際に乗り変えようか検討しているのは10%ほどで、実際に変更するのは3%とかいわれている。

そもそも価格破壊を起こすだろうと注目されていた後発のソフトバンク・孫社長は「そこは大人の対応で」と価格競争には手を付けないことを示唆した。

これって談合だろう。

1社が価格競争に走るとそれに追従するあまり互いに体力を消耗するだけで「無駄な競争は止めておこう」と非公式な協定を結ぶことは想像に難くない。

そう、価格破壊はダイエーの例を見るまでもなく会社までを破壊させることになる。その学習効果からだろうか。

アクオスケータイで予想外の動きをしたソフトバンクのシャープ製ケータイ。やはり同じものをドコモでも売り出した。

しかもさらに高性能のものを。

なんとテレビなみに外光の明るさに応じて液晶の明るさを自動的に調整する、というのだからすごい。まさに今の液晶テレビ機能そのもの。

アクオスケータイでソフトバンクのシェアが劇的に変化するとは思わなかったが、次はauからもアクオスケータイが発売されることになるのか?


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-10-13 00:18 | 社会ネタ