人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2006年 09月 25日 ( 1 )

楽天でもプロはプロ

運命のいたずらとは、こういうことか。

今年の高校生ドラフトの目玉でもある駒大苫小牧の田中将大君は、こともあろうに楽天が交渉権を獲得してしまった。

これ、田中君としては絶対にあってはならない最悪のパターンだ。

バッターなら記録は残せても、ピッチャーでは、楽天では勝ち星になるところも勝ち星に恵まれない不運な試合が続きそうだ。

横浜、楽天、オリックス、日本ハムの4球団が競合した。

出身は兵庫県とはいえ、やはり北海道つながりで日ハムが交渉権を得るならスムーズにいった、と思う。

戦力の均一化ということなら、田中君は楽天へ行く運命にあったのかもしれない。

楽天指名を受け、田中君は「どこへでも」とこちらの心配をいい意味で裏切る返事をしている。新しい球団の歴史を自分で刻んでみせる、という覚悟があるようだ。

これはあくまでも巨人入団にこだわり、33歳という若さで引退した江川とは違うところ。非常に好感が持てるし、仙台市民にも温かく迎えられるであろうし、観客動員も見込める。

こうなりゃ、ノムさんは田中君の教育係として、巨人の桑田も採るしかない。
セットで採れば来期の話題で独占できる。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-09-25 21:19 | スポーツネタ