人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2006年 09月 23日 ( 4 )

ただいま、わが家の茶の間はつま恋のライブ会場になっている。

普段、NHKのBSハイビジョンは観ないのだが、何気にチャンネルを回していたら、かぐや姫が歌っている。

会場は75年、日本のフォークの歴史の金字塔を立てたつま恋。なんとライブでやっている。

番組表を確認すると、1時から9時半までやっている。途中、4時から6時までの2時間、相撲中継に変わるが、BSならではの番組編成だ。

番組のタイトルは「吉田拓郎&かぐや姫・インつま恋2006」。
31年ぶりフォークの聖地で再開、とある。

拓郎と山田パンダはすでに還暦。

当たり前だが、久しぶりに見る山田パンダは、頭も禿げ上がりすっかりおじいちゃんになっている。

拓郎は当時のようにオールナイトにこだわったようだが、メンバーも50代なら、ファンも同年代ということを考慮して、昼間から8時間あまりのライブに変わったようだ。

で、この2グループ以外にゲスト出演はないのか?

今もかぐや姫が歌い続けている。ここはメンバーが3人いるので交互に歌えるが、拓郎はずっと1人で舞台を務めるつもりか?

まもなく、相撲中継のため中断される。

追記

6時から再開された。

また、かぐや姫だ。

オープニングは拓郎から始まったようだが、途中から観ているので、まだ拓郎を観ていない。

拓郎派だけに、そろそろ拓郎に出てきて欲しいところだが、まだ1時間はかぐや姫が続くのだろうか。

追記

やはり盛り上がったのは同時代に聞いていた「落陽」。拓郎は「本当に好きだな。もう飽きた」と毒づいたが、会場は大コーラス。

アンコールは「人間なんて」で〆てくれると期待していたのに、はぐらかされ、不完全燃焼で終わってしまった。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-09-23 15:59 | テレビネタ
ふと、痴漢とセクハラ行為の違いって何かと思った。

女性にすれば体を触られたりして嫌な思いをするわけだから、犯罪行為には違いはない。

痴漢が見ず知らずの人に対する行為であるとすれば、セクハラは顔見知りということか。顔見知りなら大げさに問題にしないで、ということになるが、アメリカなら多額の賠償を求めて裁判沙汰になる。

南海電鉄高野線で、50歳の布施署・警部補が酔っ払って、20歳の専門学校生の手を触ったり、体を押し付けた、として痴漢行為を働き、現行犯逮捕された。

もはや、大学の先生だろうが、警察だろうが驚かないのだが、この驚かないことの異常さのほうが怖い世の中に成り下がっている。

50歳の警部補は一発懲戒免職で人生を棒に振ることになる。

それに比べたら日テレの船越アナの処分の甘さが際立つ。降格された、ということはセクハラ行為の事実があったことに加え、系列局から猛抗議を受けたことが容易に想像できる。

系列局にすれば、東京キー局はお客様扱いで、接待係として局アナを同席させたのだろうが、許される行為に及んだわけだ。親告罪だから訴えてやれば、降格だけでは済まされない。

アナウンサーも警察と同じぐらい社会的責任があるのだから。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-09-23 15:26 | 社会ネタ

円ひろしのちっちゃさ

歌も歌える芸人、円ひろしが自らの小ささをテレビで暴露した。

内容は芸能人としての見栄を精一杯張るものだった。

新大阪から京都へ移動するときだ。さすがに在来線は使わず、新幹線を使う。ここで小ささを思いっきり発揮する。

普段は、芸能人だからグリーン車に乗るのだが、新大阪~京都間はせいぜい15分ぐらいの距離。これでグリーン車に乗るのはもったいない。

そこで円ひろしは自由席切符を買い、乗り込むのはグリーン車から。それで、おもむろにトイレに行くふりをしながらゆっくりと車両を移動する。

で、自由席に座るのはかっこ悪いので、自由席に座ることはなく、またグリーン車に戻ってくる。ゆっくりとこんなことをしていたら、じきに京都に到着。降りるのはもちろんグリーン車から。

グリーン料金を節約する庶民的な芸能人であった。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-09-23 14:04 | 芸能ネタ

小林薫被告死刑を志願

本人が死刑を希望している。

その思いを裁判長にしたためた。

その理由は更正する自信がない。

にも関わらず弁護士は「社会にも責任の一端があり、死刑にしてはならない」と訴え結審した奈良・女児誘拐殺害事件。

弁護士は生まれ育った環境が、いじめと父親からの虐待、母親の死などが小林被告の性格を曲げ反社会的に育った、と情状酌量を訴えている。

そんな人はいくらでもいる。

畠山鈴香もそんな一人だ。

検察側も死刑を求刑しているのだから、被告の小林薫の望みどおりにしてやれば、いいのだ。無期懲役にして、20年後ぐらいに出てきて再び少女が餌食になったら、誰が責任を取れる。

ロリコンは病気だから治らない。日本の法律で強制的に去勢できるのか?

それよりも、殺害後に死体を損壊、死体写真をメールで送り、次は「妹だ」と脅迫した一連の行為は遺族でなくても、死刑しか考えられない。

1人殺したのでは死刑にならないとかいわれているが、この残忍性は十分死刑に値する。

判決は26日。

無期懲役判決が出たら、小林被告はそこで叫ぶのか、

「死刑にしてくれ」と。

ところが、死刑が確定しても、死刑執行が実施されていないのが現状。法務大臣がサインしないことには執行されない。

未執行が90人ほどもいる、というのだから結果的には終身刑になっている。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-09-23 08:21 | 社会ネタ