人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2006年 09月 16日 ( 2 )

当然といえば、当然。

業務上過失致死傷で起訴しようものなら、世間が許さないだろう。

福岡で幼児3人が犠牲になった飲酒運転事故で、今林大容疑者が危険運転致死傷とひき逃げ容疑で起訴された。これで2つの罪から最高で懲役25年を食らうことになる。

裁判ではどの程度の刑が確定するかは、素人には分からないが、最低でも20年は食らってもらわないことには、子供の霊も浮かばれない。

顔にはあどけなさが残る今林容疑者だが、事故後に取った行動も悪質極まりない。

事故後、友達に大量の水を持ってこさせて、アルコール濃度を薄めようとしたほか、運転していたのを友人に身代わりにしようとしたなど、泥酔状態で運転しながら、隠ぺい工作はしっかり行っていた。

裁判で素直に反省の色を見せるのか、それとも判決を不服として控訴するのか、そこで今林容疑者の人間性が分かる。

しかし、弁護士はアルコール濃度が低かったことから、業務上過失致死傷を主張しており、争う構えだ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-09-16 18:40 | 社会ネタ

違法金利は契約無効

ヤミ金でたった4万借りたために、わずか1年余りで総額が2436万円へ。

ヤミ金は10日に1回の割りで返済日が来る。サラリーマンなら給料日は月1回だから、たった4万円の元金はもちろん返済できない。利息分だけを返済するのだが、やがては違うヤミ金から金を借りて、返済に充てる。それが、どんどん膨らんで行き最終的には51社から借りる羽目に。

その総額が2436万円。全部金利だ。

最初に借りたヤミ金会社には323万9000円を支払っている。4万円が323万9000円。ヤミ金は止められないはずだ。こんなボロイ商売はない。

もちろん、ヤミ金は違法な金利を取っている。違法な金利の場合は、契約自体が無効になるので、支払う義務はない。

3万円借りた債務者の元へ金融業者からケータイに「払え、払え」の電話がじゃんじゃん入る。

多重債務者を救う会の人間が電話を代わる。

社名と登録番号を聞く。

「払えませんよ。この人、10社から借りているんですよ。もう12万払っているじゃないですか。それでいいでしょう」

「はい…」

強引に電話していた業者も救う会の名前を聞くとすごすごと退散する。

金利は109%。

違法なために契約自体が無効だ。

3万貸して12万円も支払ってもらっているのだから、この時点で全然損はしていない。引き下がるはずだ。

金貸しは、元金を完済されては商売にならない。元金を残し、金利を細く長く支払わせることが商売のコツ。

金利天国の貸金業、金利地獄の借り手。その実態を踏まえ、金利の引き下げに着手したが、金融庁が示した改正案はあまりにも業者寄りだった。

多重債務者保護のための改正のはずなのに。

業界団体から毒饅頭をたらふく食っている自民党議員の実名を公表してしまえばいい。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-09-16 09:12 | 社会ネタ