人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2006年 09月 13日 ( 1 )

このところの飲酒運転撲滅運動が盛り上がっている。

朝日は「飲酒運転NO」のタイトルでキャンペーンを開始。読者からも飲酒運転を防ぐ意見を求めている。

その引き金になったのは、福岡の幼児3名が犠牲になったあとも、公務員を中心に飲酒運転が後を断たなかったからだ。

警察庁も罰則強化に向けて法改正の準備に乗り出し、自動車メーカーもついに動き出した。

先陣を切ったのは日産。

今月から飲酒を検知して車が動かなくなる装置の開発に着手した。

チューブに息を吹きかけて、アルコール濃度を検知するシステムで、アルコールを感知するとエンジンがかからないタイプ。

しかし、本当に飲酒運転を撲滅しようと思えば、こんな装置では手ぬるい。

飲酒運転する奴はそもそも性悪説。性善説にたって開発したらまったく役に立たないものになってしまう。

たとえば、運転者以外が息を吹きかけたらどうなる?

さらにアルコール検知を抑えるドリンクを飲んだらどうなる?

考え出したらきりがない。

完全に撲滅できない装置ではメーカーのポーズで終わってしまう。

本当に撲滅しようと思えば、あらかじめ、車の所有者を顔認識や指紋認識で車に登録。息ではなく血液中のアルコール濃度と画像、指紋を照合。エンジンを第三者がかけても、登録者が飲酒で運転するとエンジンが止まる。

これぐらいしないと本当に撲滅はできない。

ポーズだけの中途半端な装置なら、コストアップになるだけで、こんな装置はいらない、なんてことになる。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-09-13 21:08 | 社会ネタ