人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2006年 08月 28日 ( 2 )

この社会現象、もはや馬鹿としかいいようがない。

夏の甲子園で優勝した早稲田実業の斉藤投手が愛用していたタオルと同じものがネットでオークションで1万円近い値段になった、という。

販売価格は400円。

ちょっと待て、といいたい。

斉藤投手本人が使っていたものなら、その価値はあるかもしれないが、ただ同じ柄というだけではないか。

馬鹿じゃないのか。

昨日のサンジャポでテリー伊藤が同じものを手にして「今日はやけに暑いな」と見せびらかしていた。なんでもリスナーが送ってくれた、とのことだが、こんなものが価値を生むなんて世の中間違っている。

別名「佑ちゃんハンカチ」と名づけられているようだが、これはハンドタオル。

むしろ「佑ちゃんタオル」が正しい。

このハンカチという呼び名にそもそも違和感を覚える。

誰が最初にハンカチと言い出したのだ。

ここらでタオルに修正すべきだ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-08-28 23:31 | 社会ネタ
自分が高校生のときから喫煙したのは棚に置き、子供にはタバコを吸って欲しくはなかったが、二十歳を迎え、吸うようになった。

しかし、子供は一度も父親がタバコを吸っている姿を見たことはない。

長女が生まれる(4月生まれ)年の元旦から禁煙したからだ。

厚生労働省の研究班が女子中高生の喫煙、飲酒率を調べたところ、両親が喫煙・飲酒しているケースとその習慣がない両親ケースでは、喫煙・飲酒する両親の子供のほうが、その割合が高いことが分かったようだ。

育った環境が影響する。

それは特段驚くべきことではないが、問題は両親が喫煙している場合。

母親が喫煙している場合、喫煙しない母親の1・81倍なのに対して父親が喫煙している場合、喫煙しない父親の1.3倍。

つまり、母親が喫煙している場合の方が、女の子は喫煙率が高い、ということだ。

つまり、父親よりも母親の影響を受けている、ということだ。

思春期の女の子は、猛烈に父親が嫌いになる。口をきかなくなるのは序の口。同じ空気を吸いたくないようなムードをかもし出す。

思春期といえばタバコに興味を持つ年頃。この時期に父親より母親が吸っているほうが、喫煙率がぐっと高くなる、ということだ。

子供を生む母体がタバコを吸うのは反対だ。百害あって一利なし。税金を払う方法は何もタバコだけじゃない。

母親がタバコを止めれば女性の喫煙率はぐっと下がる、ということだ。

それなのに、女性の喫煙率は年々高まる一方で、男性の喫煙率は下がるばかり。

JTはそんな傾向をどう思っているのだ。

出生率が下がっている背景には女性の喫煙率の増加は影響していないのか?


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-08-28 21:35 | 社会ネタ