人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2006年 08月 26日 ( 3 )

史上最弱ともいわれている24時間100kmマラソンランナーのアンガールズが午後7時、武道館へ向かってスタートを切った。

スタート直後から群集にもみくちゃにされ、山根の姿が見えない。

それにしても、山根の足の細いこと。筋肉がない。こんな足で100km完走できるのか?2人とも体力がなさすぎ。

それでなくても、この24時間マラソンは本当に走っているのか、と疑いの目をもたれている。そこで、インターネットの第2日本テレビで24時間監視することが決まったようなのだが、1時間後との更新のためか、現時点ではまだやっていない。

どうせやるならライブ映像でないといんちきはいくらでもできる。

今回のアンガールズの抜擢。
24時間マラソンもそろそろ飽きられてきたので、最弱ランナーの登場で茶の間の関心をひきつける戦略か。

ここらで、完走できないランナーが出てくることのほうが自然な姿ともいえる。

番組のエンディングロールが始まったころ、頃合を見計らったかのようにゴールするほうが不自然だ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-08-26 19:35 | 社会ネタ
一度紐解いた封印を再び元に戻すことはできない。

今回はゲンダイネットの記事に噛み付いてみる。

興毅の試合が瞬間最高52.9%に対して、大毅の試合の視聴率が4.7%。これで、「亀田人気はもう下火」を証明した低視聴率、という見出しをつけた。

アンチ亀田派が読んでもこれはおかしいやろう、と突っ込みを入れたくなる。アンチ亀田の記者が書いたのだろうが、亀田憎しが全面に出すぎ。これは記者の個人ブログでやってください、というレベル。

ゴールデンと深夜帯。タイトルマッチとノンタイトル。さらには生中継と録画。亀田人気なら10%は欲しい、といっていたが、放送前にネットでは試合結果も分かっていた。これでは勝ち試合をアンチ亀田派はまず観ない。

こういう状況なら、4.7%は至極妥当な数字。深夜帯の視聴率で亀田人気が凋落というのは早計。アンチが観なかっただけだろう。

ま、人気が下火になることは間違いないのだが、筆が走りすぎ。

それよりも明日のサンジャポが見もの。

サンジャポレギュラーの座を勝ち取った高橋ジョージの「ロード」を大毅が歌謡ショーで披露している。

以前、亀田兄弟がスタジオにゲスト出演したとき、高橋ジョージが「ロードを歌って下さい」とお願いしていた。

このネタを爆笑が取り上げないわけがない。

デーブも今頃、高橋ジョージをどういじろうか、と考えていることだろう。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-08-26 12:17 | スポーツネタ
亀田ネタは封印するつもりだったが、おやじの暴力団交友には反応しないわけにはいかない。

元々おやじは若いころ準構成員のような立場だったようだが、それは若気の至りとしても、ここまで注目されるようになっても、その関係をスクープされるとは、脇がおお甘。

従来どおり、暴力団との付き合っていても、スポーツマスコミを抑えていれば十分だと思ったとしたら、認識が甘い。

フライデーにおやじが暴力団関係者と会食している現場を撮られたようだが、このおやじは居直っている、としか思えない。

暴力団と関係があろうとも、ボクシングは強いものが勝ち。勝てばすべての雑音を帳消しにして余りあまるとでも思っているのだろう。

このフライデーの報道を待たなくても、こんな危険な亀田ファミリーをそれでも視聴率のために使い倒そうという魂胆があるとすれば、それはそれでTBSに感服する。

こうやって週刊誌にセンセーショナルに報道されても、TBSが亀田を切れないとしたら、やはり放送免許の剥奪は当然の摂理だ。

公共の放送局としての倫理観の欠如は甚だしい。

フライデーはTBSの大晦日亀田祭りに完全引導を渡した。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-08-26 00:26 | 社会ネタ