人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2006年 05月 03日 ( 3 )

アシックスの昔の社名は鬼塚タイガーだった。

京都に同姓同名の小学2年生がいる。鬼束大我くんがその子。字は違うがおにづかたいが。

なんて前フリはこれぐらいにして、この大我くん、7歳にしてプロのジャズドラマーだ。テレビや新聞で紹介されたのを観たり読んだりしていたのだが、偶然にも高槻ジャズストーリーで彼の演奏を目の当たりにすることができた。

天才ジャズドラマー少年に遭遇_b0017844_2339711.jpg


7歳とは思えないテクニックだ。プロのミュージシャンと互角にセッションしている。今日はベースの人と目で合図しながら演奏を楽しんでいた。

演奏が終わると大我くんの周りにはおじいちゃん、おばあちゃんが群がった。
「上手やね」と千円札でチップをはずんでいた。

母親のおなかの中にいるときからジャズを聴いて育ち、生まれても朝からBGMでジャズが流れている環境で育った、という。

本格的にジャズドラムを勉強し始めたのは5歳9カ月。1年後にはプロのミュージシャンの舞台でデビュー。

すぐに日野皓正とのセッションも実現。さらにニューヨークにわたりライブハウスで演奏して喝采を受けている。

ジャズドラムを始めて2年あまり。

小学生、という珍しさでプロの舞台にもあげてもらっているもかと思っていたが、そんなレベルをはるかに超えている。

大学生や社会人のバンドのドラマーよりもリズム感やテクニックも上だ。

小6ぐらいで世界を渡り歩いていることだろう。

このまま大人になったらどうなる。

末恐ろしい。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-05-03 22:48 | 社会ネタ
呆れてものが言えないとはこのことだ。

偽造天国の中国については何度も取り上げてきたが、会社の存在自体を偽造していた、というのだからここまで来ると、何らかの形で中国に対して国際的ペナルティを科す必要がるだろう。前から提案している北京オリンピックの中止とか。

ターゲットになったのはNEC。

会社の名刺まで用意して、NECとして下請企業などと契約していた、という。そんな実態を中国当局がまったく知らなかった、とも思えない。企業ごと偽造する大胆さは、国の関係者がかんでいるようにも思える。まさに国家犯罪に近いものがある。

そう、北朝鮮がニセドル札を刷ったり、ニセタバコを作っているのと同じ匂いがする。

偽造していたのは家庭用オーディオ機器やビデオ、DVDプレーヤー、MP3など。製造や販売だけでなく、調達業務などまで組織的に「NEC」として活動していたというのだから本当にタチが悪い。

販路は中国、東南アジア、北アフリカ、中東、欧州など。正規製品と並んで販売されるケースもあったというから、品質はよかったみたいだ。

末端の社員は自分達をNECの社員と思い込んで活動していたのだろう。

これ、偽ブランドなんて次元の話しではない。

中国当局はこんなことがあっても自分たちの正当性を主張するばかりで、謝罪の一言もないだろう。

北京オリンピックを目指している選手には申し訳ないが、北京オリンピックはボイコットしかない。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-05-03 21:19 | 社会ネタ
短期で利益を上げることを目的とする、村上ファンドとしてはついに阪神株を持ちこたえられなくなってきたのか?

村上ファンドが阪神電鉄株の26.67%を取得した、と報じられたのは9月の終わり。阪神優勝ムードで阪神関連株は上昇ムードの中で絶妙なタイミングだった。

あれから7カ月。

阪神株を買い足していった結果、現在の保有株は約46%。押しも押されぬ筆頭株主になっている。

村上ファンドがついに動き出した。
2日、村上ファンドが阪神電鉄に対して、村上氏を含む9人の取締役を選任するように要求してきた。

去年の時点で村上氏は「純投資が目的で経営支配ではない」と断言。

16人の取締役に対して9人も取締役を送りこまれば、完全に経営権を村上ファンドに乗っ取られてしまう。

この要求に対して縄田和良専務は、
「こんな変更は許されない」と声を震わせた。

甘い!

そんな泣き言をいってるから乗っ取られるのだ。

村上ファンドは、機関投資家やオイルマネーから集めた資金で安い株を高く売りぬき、投資家に高配当を回すのが仕事であって、中に入って長期的な経営が目的ではない。

村上ファンドが阪神株を買う前の株価は500~600円で推移していたが、現在は1000円。

現在1億9000万株を取得しているので、1900億円の時価総額になる。

ホワイトナイト役を買って出た阪急としても2000億近い買い物になる。村上氏側が要求する株価で買い取れば、今度は阪急の株主から「なぜそんな高い株価で買い取る必要があるなか」と株主代表訴訟を起されかねない。

今回の取締役選任要求は、短期的に村上ファンドが経営権を握り、阪神球団を上場させたりして株価を上げる目的があるのではないか、と推測する向きもある。

村上ファンドの目的はただ一つ。

株価を上げること。

そのための最良な方法を模索しているのだろうが、今回の揺さぶりは、切羽詰った村上ファンドの台所事情を感じさせる。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-05-03 08:58 | 社会ネタ