人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

ホテル代わりの個室ビデオ店の利用方法

夕刊紙には「15人殺害」というタイトルが踊る。

殺害である。

大阪・ナンバの個室ビデオ店「キャッツ」の火災事故は、客の放火が原因であることが判明したために、こんな見出しに変わった。
b0017844_2124838.jpg

未明の火災から一夜明けた夕方、4時ごろだった。

ナンバ上空には未だにヘリコプターがホバリングしながらゆっくりと旋回している。

現場には未だに規制線の外から大勢の報道陣が陣取っている。
b0017844_21343537.jpg

b0017844_21353694.jpg

事件発生から12時間以上経過。こんな時間になっても四方に張り付いている。何を狙っているのか?

犯人を引き連れての現場検証でも?

今回の放火で個室ビデオがホテル代わりに使われている実態が明らかになった。深夜に入店してナイトパックを使えば翌朝10時まで1500円。ネットカフェよりも安いようだ。

最近は終電車の時間も気にしないで飲むこともないが、乗り遅れたらこんなに安く朝まで過ごせる方法を知った、という思いだ。

ただ、終電に乗り遅れたという理由だけでなく、中には毎日の宿代わりに使っている人も当然いるだろう。ネットカフェ難民ということばをマスコミは作ったが、個室ビデオ難民も多いんだろうな。

放火した男も46歳で無職。

「生きていくのがいやになった」

そんな理由で放火した。

こんな男に放火されたらカラオケ店も怖い。まるで迷路。逃げられない。

個室ビデオだけではない。

人気ランキング
by tetorayade | 2008-10-01 22:00 | 社会ネタ