日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

ニンテンドーDSとパチンコ業界

興味がまるでないので知らなかった。
ニンテンドーのDSはまだ発売されていなかったんや。

来月2日が発売で、これから予約を受け付けるところのようだ。

飛ぶ鳥を落とす勢いのあったゲーム業界も衰退の色が濃い。

DSがどれほど伸びるか、ある種パチンコ業界と重なる部分が多い。

両業界とも破竹の勢いで成長した。

しかし、沸点に到達するとやがては右肩下がりのカーブを描き始めた。

仕事もしないで借金を重ね自己破産者を増殖させる。かたや、勉強もしないで学力、体力を低下させる、と遊びは度が過ぎるとネガティブな部分ばかりがクローズアップされてくる。

ニンテンドーのDSは、ゲームの内容がマニアックになってどんどん難しくなるゲームソフト業界において、ゲームをしないファン層の開拓のために開発されたゲーム機だ。

パチンコ業界も射幸性を求めるあまり、サラリーマンの小遣いではとうてい遊べない機械の開発に突き進み、こちらは警察の介入で射幸性がそぎ落とされてしまった。

パチンコ業界は掛け声としてはニンテンドーのDSのような機械の開発も求められているが、いざ、営業ベースで考えると売上の上がらない機械は敬遠される。

いかに、パチンコ店の経営者が己の利益しか考えていないか。
まったくなさけない現状であり、事実だ。

業界を挙げてパチンコ人口を増やす努力が足りない。

ここでいうパチンコ人口とは自己破産予備軍を増やすようなコアなファンを指すのではないことはいうまでもない。

さしずめ、マニアック路線を突っ走るソニーは、パチンコ業界でいうところのサミー。

ニンテンドーのDS路線に該当するメーカーは残念ながらパチンコ業界にはまだ現れていない。
[PR]
by tetorayade | 2004-11-03 22:40 | 業界ネタ | Comments(0)