日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー

北京オリンピック公式スポンサーにも影響が

こんなオリンピックがかつてあっただろうか。北京オリンピックのボイコット問題は、ついに公式スポンサーにも影を落とし始めている。

世界的な宣伝になる予定だったのに、世界的な不買運動へと発展する可能性を秘めてきたからだ。

ワールドワイドスポンサーは12社。1社当たり100億円は払っている、という。この中で唯一の日本企業はパナソニック。

身近で不買運動の対象になりやすいのは、コカコーラとマクドナルド。

もともとハンバーガーは食わないが、コーラーはペプシにしよう。

そのほか、有名なところではコダック、オメガ、VISA、サムスン、ジョンソン&ジョンソン。

レノボ、GE、アトスオリジン、マニュライフは聞いたこともないが、コンピュータや生命保険会社なので未知数。

そのほかのスポンサーは大半が中国企業なので不買運動にはならない。

不買運動にならなくともワールドワイドスポンサーはイメージダウンにつながることは必至。


人気ブログランキン
[PR]
Commented by 九龍 at 2008-03-22 22:39 x
レノボはIBMのパソコン部門を中国のパソコンメーカーが買収した企業です。打っていたと思いますが。
ちなみにレノボはパソコンの世界シェア第3位とのことです。
Commented by バッキー at 2008-03-23 07:59 x
食の安全というリスクも背負った北京五輪、開催中に何かひとつニュースがでれば、逆ブレは激しそうです。
マックの決断、吉とでるか凶とでるか。
Commented by すきやき at 2008-03-23 10:01 x
むしろマクドとコーラがないと、選手や客が食うものないじゃないですか。
Commented by tetorayade at 2008-03-23 21:58
>九龍 さん
初めて世界第3位のパソコンメーカーだと知りました。この辺のネタは詳しいですね。
Commented by tetorayade at 2008-03-23 22:01
>バッキー さん
中国のオリンピック委員会は各国選手団の食料の持込を禁止しているそうですね。確かに沽券に関わる問題ですからね。中国最大の恥。
Commented by tetorayade at 2008-03-23 22:03
>すきやき さん
北京オリンピックの食問題を助けたマクド?そんなジャンクフードに支えられるのも情けない話です。
Commented by 九龍 at 2008-03-24 01:29 x
順位などは、すぐにネットで調べたのもありますが、
パソコンを趣味、職業としている人間の間では、IBMのパソコン事業売却は、大変大きなニュースでしたので。

前回のコメントでは途中で切れてしまいましたが、
GEは5年ほど前に「GEエジソン生命」という名前で
よくテレビCMを打っていたと思います。
ネットで調べたところGE(ゼネラル・エレクトリック)
は世界最大のコングロマリットだそうです。
Commented by tetorayade at 2008-03-24 23:00
>九龍 さん
そういえば、その生保のCMは見覚えがありますね。
レノボは日本では売っていませんよね?
Commented by 九龍 at 2008-03-24 23:27 x
IBMがパソコン事業から撤退していますので、
現在店頭で売られているThinkPadはすべてレノボ製品ですよ。
Lenovo Japanという日本法人もありますし、
2007年の日本国内出荷台数ではソニーについで第7位で
シェア4.6%でアップルの2倍弱です。
http://www.sbbit.jp/article/7543/
Commented by tetorayade at 2008-03-25 22:43
> 九龍 さん
IBMのパソコンとは無縁なのでThinkPadも使ったことなし。会社はマック時代が長らく続き、ウィンドウズに変えてからはNEC→デル。
ThinkPadはレノボでしたか。また一つ勉強になりました。
by tetorayade | 2008-03-22 20:04 | 海外ネタ | Comments(10)