人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

橋下流朝礼の在り方

朝礼とはナゼするか?と聞かれたことがある。

必要事項を伝達するため。

この回答では○はもらえなかった。

正解はのちほど。

橋下知事が30歳以下の若手職員を対象にした初の朝礼を行った。知事の生の声を聞きたいという要望に応えたものだ。

サービス残業問題に触れた時だった。府庁の始業時刻は午前9時。仮に今回の朝礼を始業時刻前の8時45分から始めた場合、組合からサービス残業代を寄越せといわれたら、「勤務時間中の私語やタバコ休憩は一切認めない」と橋下節を炸裂させた。

これに対して、最後方に座っていた30歳の作業着姿の女性職員が「どれだけサービス残業をやっているか知ってるか!」と噛みついた。

知事のこれまでの発言は「職員同士、職員と府民を分断させているだけ」とまくしたてた。

テレビカメラも回っているのでこの発言が、マスコミにもとりあげられる計算があったかどうかはともかく、知事の訓辞だけでは終らなかった。

「こういう議論がもっとしたかった。サービス残業にも残業代をつけていいものと悪いものがある」とエールを贈るとともに残業代についても軟化した。

ヒートアップしたために予定の15分をオーバーして30分もかかった。

さて、ナゼ朝礼するかという答え。

質問者の回答は「元気を出すため」。

やる気を出して、モチベーションアップのために行うのが朝礼だ、という。

世の中にはできる、と思う人と、できないと思う人の2通り。

できないと思い込んでいる人はマイナスの思い込みがあり、チャレンジしようとしない。

それをできると思わせるのが朝礼だ、と。

マイナス思考になることばはNG。

例えば、「しんどいけど、今日1日頑張ります」「難しいけどトライしてみます」

朝礼の席で、しんどい、難しいはNGワードとなる。

プラスの言葉、夢のある言葉を大声で叫び、モチベーションを上げて1日の仕事に入る。

その言でいえば橋下知事の発言は、職員にマイナス思考を与えるものであった。

橋下知事には「てっぺん」という居酒屋の元気の出る朝礼を体験してくることをお勧めする。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-03-14 08:45 | 社会ネタ