人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

行動に出たスピルバーグ監督

北京オリンピックについては前々からボイコット論を展開してきたが、開会式の芸術顧問だったスピルバーグ監督が、顧問を辞退した。

理由は人道問題。

内戦が続くスーダンに対して武器の輸出をしている中国。これを止めるようにいっていたが、聞きいれられなかったことから顧問を降りた。

イギリスのチャールズ皇太子も中国のチベット政策を理由に開会式には出席しないそうだ。

これらは人道問題だが、マラソンの世界記録を持つ選手も北京の大気汚染を理由に出場を見送る、という話もある。

こちらは環境と健康問題。

真夏のマラソンを大気汚染の北京で走るのだから自殺行為にも近い。

そこへ持ってきて毒入り餃子事件で中国政府は、中国国内での混入を否定する見解を発表した。

日本の自作自演とでもいいたいのだろう。

食の安全を担保できないということでもある。

中国がそういう態度に出るなら、日本は北京オリンピックボイコットのカードを切るのもよし。

影響力のあるスピルバーグ監督の行動は、どこまで波紋を広げるか、注目されるところだ。

北京オリンピックをボイコットして喜ぶのは、出場が極めて危なくなった井上康生ぐらいか。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-02-14 13:45 | 海外ネタ