日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

橋下新知事がテレビで財政再建団体を申請を明言

6日に橋下新知事体制がいよいよスタートする。

当選後初めて「たかじんのそこまで言って委員会」に出演した橋下氏は、財政再建団体を申請することを明言。

大阪府の破産宣告のようなもの。これまでも大阪の財政は破綻状態、といわれてきたが、首長が総務大臣に申請手続きをして、指定を受ければ財政再建団体ということになる。

それをまず新知事の仕事として実行するようだ。

一足先に財政再建団体に指定された夕張市のように、税金は上がって行政サービスは低下する。学校の統廃合も加速する。

夕張市は職員の場合は職員の4割が退職した。大阪府は9000人の職員がいる。職員の数や給与にも手をつけていく。

183万人の大阪府民は橋下氏に大阪府の再生を託したわけだが、御堂筋パレードの運営補助金1億2600万円の支出を具体的な経済効果の数字を出さない限り認めない、というのは大賛成だ。

御堂筋パレードは始まった年と翌年の2回観に行ったことがある。
ただ、フロートが行進するのを眺めているだけ。ちっとも面白くない。

御堂筋の沿道に集まる観客は110万人以上。大阪の秋のイベントとして定着しているといわれるが、この数字もかなり協会発表の水増し感がたっぷり。大阪一のターミナル駅である阪急梅田駅の1日の乗降客が60万人である。

橋下氏は「パレード形式から歩行者天国形式に変更して経費負担を抑えるべきだ。大道芸人などを呼んできてみんなが楽しめるイベントにしていけばいい」という考え方に賛成だが、どうせなら中止してもいいぐらいだ。

去年が25周年。

ちょうど、役目も終わった。

こういう無駄な支出から抑えていかないと財政再建は始まらない。

ついでに主催する大阪21世紀協会もいらない。

たかじんは橋下新知事について「苦境に立ったときに燃えるタイプ。行政手腕に長けた人よりもやっぱり若い人。体力と気力のある人が求められる」と称えた。

これを受けて橋下氏はそこまで言って委員会のメンバーで諮問委員会を作りたい、と応えた。府には金がないのでノーギャラでお願いした意向のようだった。

そういえば、知事に当選した多端にテレビ出演はすべてノーギャラ。このたかじんの番組もそう。さらにタクシーチケットも出なくなったそうだ。

知事就任は6日からなのに。

人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-02-03 16:05 | 社会ネタ