人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

殺された乳児の母親が後追い自殺?

守口市滝井からは地下鉄今里線の太子橋今市駅が最寄り駅となる。

そして、自殺現場となった東成区東中本の歩道橋は、緑橋駅で下車すれば、すぐのところ。

てっきり地下鉄で移動したのかと思ったらそうではなかった。

事件後は東成区の親戚の家に身を寄せていたようだ。

押し入り強盗によって、生後2週間の赤ん坊が窒息死させられた事件で、被害者の母親が歩道橋から身を投げ、車に引かれるなどして死亡した。歩道橋には靴や傘などが置かれていたことから、自殺とみなされている。

我が子を失ったことを悲観して後追い自殺でも図ったのだろうか?

この事件は最初から不可解なことが多い。

金目当ての強盗なら、もっと金のありそうな家を狙えばいいのに、滝井西町は3軒長屋のように隣同士がくっついたような住宅密集地域。

奥さんをグルグル巻きにしたガムテープは家にあったもので、強盗が用意したものではなかった。

赤ん坊が泣いてうるさかったので、ガムテープで口を塞いだのだろうが、過剰なまでの反応。

犯人は15分ほど室内にいたとされるが、この間一切声を発することなく、3階建ての家の1階部分だけの一部を物色して、祝儀袋から現金を抜き取った、とされている。そのとき軍手をはめたまま抜き取っているようだが、袋ごと盗めばいいことだし、軍手をはめたままお札を抜き取るのは非常に困難。

強盗目的なら金のありかを聞くのが普通だが、それをしていないということは声を聞かれたらまずいということか。

強盗犯が捕まっていないだけでなく、母親が飛び降りたときに跳ねたとされる車も見つかっていない。

強盗犯人の目撃者がいなくなった。

このまま迷宮入り事件になってしまうのだろうか。

坂出事件のことがあるので迂闊なことはいえないが、自作自演説もあるようだ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-01-23 19:32 | 社会ネタ