人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

腐るマイナスイメージを謳った化粧品広告戦略

「腐る」

決していいイメージではない。むしろマイナスイメージだ。

わざわざ腐ることを謳った化粧品のコマーシャルが流れている。開封後6カ月以内にお使いください、と。

ズバリ「腐る化粧品」で検索すれば、ナチュラピュリファイ化粧品という覚えにくい会社のホームページにたどり着く。

化粧品にはまったく興味ないものにまで、興味を抱かせた、ということはそれだけでテレビCMを流した意味はあるだろう。

で、問題の腐る理由について、ホームページにはこう書かれている。

それは、合成防腐剤を一切使用していないからです。
化粧品の防腐にはローズマリーやヒノキなど天然・自然の力を活かしています。
野菜や果物など自然の恵みがそうであるように、天然・自然の成分から生まれた化粧品も、
いつまでものあいだ腐らずに品質を保持し続けることは不可能なことなのです。
その為、ナチュラピュリファイ化粧品には開封後の使用期限が定められています。
使用期限内にお使い頂ければ、たとえ合成防腐剤を使用していなくても品質には問題ありません。
いつまでも腐らないことは不自然であり、逆に“腐る”というのは自然の証でもあるのです。


会社はできたばかり。資金も少なくテレビCMを流す体力もないにもかかわらず、年末から来月1月一杯は腐る化粧品を流すことを決定した。

b0017844_10435432.jpg

藤田真規社長はまだ若い。

幼いころのひどいアトピーを患っていたが、母親が自然療法で克服してくれた体験に基づいて、合成化学物質を使わずに天然・自然成分だけで化粧品を作りたい、との思いから、パーフェクト無添加化粧品の開発が始まった。

それを世に広めたい思いから資金も乏しいのにテレビCM戦略に出た。

化粧品を使わないおっさんにこうしてブログネタにされただけでも、このCM戦略はやってよかったのではないだろうか。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-12-30 10:56 | CMネタ