人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

もし金賢姫ら工作員を取り逃がしていたら

大韓航空機が爆破された20年前のある場面を今でも鮮明に覚えている。

「心配せんでもええ。今頃どっかの国に着陸しちょるよ」と女社長はいいきった。

開店祝いの座だった。豪華な韓国料理が並んでいる。店が無事オープンした安堵感に酒も入っているので、舌も滑らかだった。

マスコミ報道で飛行機が消息を経って間もないころだったが、非常に楽観視していたのを覚えている。

当時は女社長が総連なのか民団なのか知る由もなかった。今の知識であの場にいたらもっと違った意味を持って聴いていたことだろう。

フジテレビの「金賢姫を捕らえた男たち」を観てこのことを思い出した。

田中真紀子に伏魔殿と看破された外務省。その一端を垣間見せながらも、その中でもノンキャリの若手大使館員3人の連係プレイによって、機体は空中爆破し、犯人は日本の偽造パスポートを持った男女2組であるということを突き詰めていく。

実在する彼ら3人のインタビュー映像や上司の証言も交えながら、ドラマ仕立てのドキュメントだった。

フジテレビでもこんな番組を作るのか、と思ったがフジテレビだからできたのかもしれない。

大韓航空858便はイラクのバグダッドからアラブ首長国連邦のアブダビ、タイのバンコクを経由して韓国のソウルへ向う便だった。

バクダットでトランジスターラジオにプラスチック爆弾を仕込んだものを手荷物として、持込むと経由地のアブダビで2人は降りた。仕掛けられたタイマーが作動して9時間後にベンガル湾上空で爆発した。

大使館員は大韓航空機に日本人乗客の有無を調べることから情報収集が始まった。第一報では日本人乗客は含まれていなかった。

日本人の名前は日本人でなければ分からない、と粘った大使館員が乗客名簿を入手して日本人乗客らしき2人がアブダビで降りていることを発見する。

日本赤軍による犯行であれば、韓国との国交問題に発展する一大事だ。

犯人を割り出さなければ国際問題になる。

名前から偽造パスポートであることが判明する。

爆破から3日。

テロを遂行しバーレンからローマへ逃走する直前の空港内でついに2人を発見。身柄を拘束する。老人はその場で服毒自殺を図るが、女は一命を取りとめ、北朝鮮の工作員であることが判明する。

それによって日本人の拉致問題なども明らかになっていくわけで、3人の活躍がなければ、謎の爆破で終わり、日本人犯行説で韓国からは莫大な賠償金を支払うことを要求されるとともに、再び深い溝が刻み込まれていたかもしれない。

まさに3人によって日本が濡れ衣を着せられことなく国を救った、といっても過言ではない。

日本人に見せかけた爆破テロは金正日の指揮の元に実行されたが、この事件を契機に金正日の求心力が落ちて行くとともに、革命のための思想教育にもほころびが見え始めてくる。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-12-16 10:43 | テレビネタ