人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

女児下着マニアが捕まった罪状は廃棄物処理法違反

今日2本目の茨木ネタだ。

事件は今年3月19日に大阪モノレール彩都線が全通した茨木市のニュータウン彩都で起こった。

彩都は茨木と箕面にまたがる丘陵地を開拓した巨大なニュータウンで、2004年に街開きが行われたばかりだが、とにかく辺鄙な場所だった。

で、どのぐらい辺鄙な場所かというと「茨木国際カントリークラブ」に隣接するほどで、モノレールが開通するまでは陸の孤島だった。

こんなニュータウンで何ともお恥ずかしいばかりの変態事件が起こった。

主人公は女児下着フェチという何ともマニアックな48歳のおっさん。

下着ドロではなく、女児下着を履いただけで興奮するこのおっさんが、自分が履いた女児下着を民家の庭先などに投げ捨てる、という事件が彩都内で100回以上も起こしていた。

このおっさん、下着を投げ込まれた家人が騒いでいる様子を想像するのが楽しかった、というのだから1度で2度おいしい思いをしていた。

で、逮捕容疑が廃棄物処理法違反というのだから、この罪状に笑ってしまう。

このおっさんも彩都の住人。終の棲家としてここに引っ越してきたばかりだろうが、家族がいればこの先ここに住み続けることもできまい。

こんな変態は独身か。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-12-02 21:13 | 社会ネタ