人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

大毅の毛皮のコートはアメ横で1万3000円?

亀田家を応援するサンジャポが先日の大毅の会見を取り上げた。この会見を出演者が「許す」か「許さない」かの札を挙げた。
「許さない」を挙げたのは高橋ジョージと西川史子の2人だけ。後は全員が「許す」だった。

サンジャポファミリーの中でも人一倍亀田家に思い入れが深く、試合前には国家独唱までした高橋ジョージが「許せない」は意外だった。その理由をこう説明した。

「亀田家を応援してきた人間としてマイナスだった。アンチならアンチでいて欲しいはない。興毅があれだけの会見をした意味がない。×0で意味がなくなった」

この発言を受けて八代弁護士がこう切り替えした。

「2時っチャオでは擁護していましたよね」

心変わりはスタジオでは謝罪のVを見せられただけだったが、家に帰ってスパーリング後のインタビュー映像を見て考え方が変わったようだ。興毅がボクシングファンに謝罪したことが無になったことをいいたいようだ。

ここでデーブ・スペクターがちゃちゃを入れる。

「本当は謝罪なんかしたくなかった。自分に正直でよかった」と評価した。

やおらテリー伊藤が口を開いた。

「大毅には2つの屈辱があった」と前置きした後「世界タイトル戦で10ポイント以上の差で負けた屈辱と前回の謝罪会見で一言もしゃべられなかった屈辱があった」と分析。

ここから話が変な方向へ。

大毅が着ていた毛皮を「弱さを隠すための毛皮」と看破。

「あれはアメ横で1万3000円ぐらいで売っている。チクチクするので買うのを止めたけど、安カッコいい。今日から飛ぶように売れていますよ。早く行かないと売り切れます」と煽った。

亀田ファミリーはサンジャポを見ているようだが、大毅はこのテリーの発言にさぞかし悔しがっていることだろう。

自慢の毛皮のコートがアメ横で1万3000円と断言されたわけだから。

名誉毀損で訴えるか?

追記

アッコにおまかせ情報によると、大毅の毛皮のコートはアメ横で3枚1万円の特売品だった、という。

実際、黒のタートルネックのセーターには毛皮の毛がいっぱいついていたので、安物であることには間違いない。

ちなみに、朝青龍のコートはリンクスなら1000万円以上する代物。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-12-02 10:47 | テレビネタ