日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

海老蔵のけがは色欲の天罰か?

梨園に対してスポンサーはどうしてこうも寛大なのか不思議でならない。

キリスト教では七つの大罪の一つに数えられる色欲も、梨園の世界では無問題。それが芸の肥やしになるぐらいにしか思われていないようだ。

梨園の色欲男といえば11代目の市川海老蔵をおいてほかない。2003年に隠し子騒動が発覚してからというもの、色欲に関する話題は事欠かない。

そんな海老蔵が出演するヤマキのCMがきょうも流れていた。

海老蔵が結婚を前提として真剣に付き合っていた、とされる米倉涼子と破局したのは2005年12月。それからしばらくは鳴りを潜めていたが、今年3月には3カ月付き合った佐藤江梨子をポイ。

4月には高岡早紀との都内桜の名所での「手つなぎデート」を報じられ、4月から交際していた元テレ朝の社員とも2カ月で別れている。

ヤマキのほか伊藤園も2000年から海老蔵を起用しているように、隠し子発覚でも降板させることはなかった。

梨園の常識=男の本能の向くまま、にもやっと天罰が下るときがきた。

大阪・松竹座の「七月大歌舞伎」で来阪していた海老蔵が、楽屋の風呂場で滑って、足がガラス戸に当たって、その破片で右足裏に15針も縫う大怪我をしたのが13日。公演は26日まであるが、東京へ帰り完全降板となった。

代役をつけて公演は千秋楽まで行われるが、関西の海老蔵ファンをがっかりさせることになった。


人気ブログランキン
[PR]
天罰と言うものが本当に存在するのであれば「天罰」なのでしょう!人間いい気になっていると足元を掬われると良く言いますが、本当に足元を掬われガラス戸に当たるとは笑い話にもなりませんねぇ!!!
Commented by Balleta_la_reie at 2007-07-16 17:25
歌舞伎。その発祥、その意味を調べるにあたり、これほどメディアが歌舞伎界を「高貴」な集団と扱うのかが、不思議で仕方ありません。ぜひ、tetorayadeのご見解、お聞かせください!

「芸の肥やし」は...関わる女性も含めて、相互、相互それぞれを高めるために、どうぞ!人をひきつけられる顔つきになられたら、それはひとつの道。芸にもいかしていただきたい。そういう意味では、寺島しのぶ女史。苦い経験と幸せを、「よき顔」にかえた成功例と讃えたい。
Commented by tetorayade at 2007-07-16 23:32
>七生報国 さん
足元をすくわれるとは、市川海老蔵のためにあったようです。
男としてはうらやましい女性遍歴を重ねているわけですが、そんなことを週刊誌に書かれながらも、それでも広告塔として使い続けるスポンサーの神経を疑います。
Commented by tetorayade at 2007-07-16 23:45
>Balleta_la_reieさん
さっそく、歴史を紐解きました。出雲阿国が歌舞伎の発祥とはしりませんでした。
マスコミでちやほやされる新興企業と一緒で草創期は、法律違反すれすれのことをやりながら大きくなり、後から紳士になる。そんな感じでしょうか。
一般人には芸の肥やしが通用しない。サラリーマン生活の中でも役立つ場面はあるはずですが。
by tetorayade | 2007-07-15 18:17 | 芸能ネタ | Comments(4)