人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

鴨なんそば2300円也 


1年ぶりの宮崎。
これが今や東国原知事の就任ですっかり有名になった宮崎県庁だ。
b0017844_1313761.jpg


本日は県庁に来るのが目的ではなかった。

哲心の鴨なんそばを食いに来たのだ。

で、これが哲心二代目蕎麦侍推薦の京鴨を使った鴨なんそば。1日限定5食。舌代は2300円。普段気軽に食べられる代物ではない。そう、名古屋でいえば山本屋の味噌煮込みうどんのようなもの。

b0017844_13145135.jpg


清水の舞台から飛び降りるほどの覚悟はいらなかった。出張費でなんとか賄える金額。こういう高級な昼飯が食えるのも出張の楽しみ。

まず、出汁から一口すする。

濃厚な出汁が口の中に広がる。好きな味だ。

次に蕎麦をすすり、そして、メインの鴨へと箸を進める。

高級な鴨を食べるのが初めてなら、こんなに分厚く切った鴨を食べるのも初めて。量もたっぷりある。食べても、食べても減らない。

鴨のステーキが蕎麦の上に浮かんでいる感じだ。

鴨の素材がいい。旨い。

メニューを見ると哲心の中でも天ざる膳、天そば膳に次いで高い。しかも単品。大食漢の自分には本当はセットもののほうが似合っているのだが、話のタネにここは高級京鴨を使った鴨なんそばを選んだ。

b0017844_13283010.jpg


量的には物足りなさはあるが、食後にいただいた蕎麦侍改心作の和菓子をデザートに「ごちそうさまでした」と感謝の気持ちが自然に出る。

題名は「シンフォニー」だったか?

b0017844_13305559.jpg

宮崎で音楽祭が開かれるのでそれにあわせて作ったとのこと。

滞在時間30分あまり。来年も訪れることを約束して店を後にした。

来年は天そば膳を食べることに決めた。

人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-05-18 13:33 | 私的ネタ