人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

銃規制するときはアメリカが死ぬとき

実は世界一のならず者国家であるアメリカの歴史は、開拓の歴史からから始まっている。

ヨーロッパ人によるアメリカ大陸の探検と開拓の過程で、彼らは先住民であるネイティブ・アメリカンを虐殺、追放して彼らの土地を奪っていった。

アメリカ大陸におけるイギリスやフランスの植民地戦争は泥棒国家同士の戦争であり、その頃から泥棒同士の間では「殺される前に殺す」という生き方しかできなかったわけだ。

泥棒の末裔によって作られたアメリカ合衆国憲法では「国民が武器を所有し携帯する権利は損なうことができない」と明記されている。盗人が身を守るための誠に身勝手で都合のいい憲法だ。

アメリカでは学校で銃の乱射が事件が起きるたびに銃規制の問題がクローズアップされるが、そのたびに、アメリカライフル協会のロビー活動によって法律を変えられないとか、「銃は人を殺さない、人が人を殺すのだ」と他人の忠告を聴こうとしない。

ならず者国家にはならず者の論理があるようだ。

ありもしない核兵器をでっち上げてイラク戦争を引き起こすわけで、こんなならず者国家の考え方を押してけられながらも、グローバルスタンダードだといって、しっぽを振って受け入れる日本の歴代総理。

他国には内政干渉するアメリカだが、他国から銃規制で内政干渉されたらどう怒り狂うことだろうから、被害者家族からの世論を喚起させるしかない。しかし、アメリカ社会から銃を規制することは、日本人に米を食うなと規制することと同じくらい難しい。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-04-21 12:55 | 社会ネタ