人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー

Nスペに潰された?工藤投手

NHKスペシャルで取り上げられると終わりだというジンクスがある。まさにその通りになったのが2005年10月放映のディープインパクトだった。無敗のままで3冠を制したディープインパクトにスポットが当てられた。

それから1年後、誰もが予期だにしなかった突然の引退発表をすることになる。

あの武豊でさえ第一報を聞いたときは、信じられないと耳を疑っている。

「え? そうなんですか。正直、驚いています。いま、聞いたばかりなので言葉が見つからないです。来年はもう乗れないのですね。来年の凱旋門賞でリベンジしたい気持ちが強かったのでなんと言っていいか…。そのチャンスがないのか、と思うと体から力が抜ける感じです。ただ、競走馬の引退、種牡馬入りはジョッキーが何かをいう立場にありません。決まったことであれば、年内の残されたレースに全身全霊をかけてベストを尽くしたい。そのレースを見て気が変わってくれればいいんですけど(苦笑)」

そして、また一つジンクス通りの展開になろうとしているターゲットが…。

本日(16日)の放送日に一軍登録を抹消された横浜の工藤公康投手が該当する。

今日のNスペのテーマは「“鉄人”にきけあなたの老化を防ぐ」。

現在、9時22分。番組はまだ始まっていない。

その中で43歳で時速140㎞の速球を投げる横浜・工藤投手の紹介される。老化を防ぐだけでなく、プロスポーツなどの第一線で活躍しているから取材対象になったわけで、2軍生活を続けていたら、まず取り上げる対象にもなっていなかっただろう。

で、今期の工藤は巨人から横浜に移籍したが、「ハマのおじさん」としても注目度は、横浜一。開幕投手にもなるのではないかと騒がれた。

ところが、15日の阪神戦に今季3度目の先発登板をして1回持たずに7失点KO。勝ち星を挙げられず、3連敗。防御率14.40の大不振。一軍登録を外れて再調整することになった、というのだから何とも間が悪い。

そのほか取り上げられる選手は阪神の金本39歳、マラソンの弘山38歳ら。

ま、鉄人に学ぶ健康術を学ぶということなのだが。それだけは学ばせてもらおう。

追記

番組が始まった。

工藤が40歳過ぎても速い球を投げられるのは股関節強化にあることを強調していた。

股関節が安定すると腰の動きがスムーズになる。股関節が安定していないと力の伝わり方がうまくいかない。すべては股関節から始まる、というのが工藤の持論だった。

股関節さえしっかりしていれば、引退するまで技巧派になることなく速い球を投げられる、と工藤は確信している。

人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-04-16 21:35 | 社会ネタ