人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

生ゴミで生きた4歳児

この情景を想像して落涙しない人は人間ではない。

北海道苫小牧市で1カ月近くも母親が2人の子供を家に置き去りにしたまま、男の家で愛欲に溺れていた事件。放置された1歳児は餓死したが、4歳の兄が生存していたことに疑問を感じていたが、家にあった生ゴミまで食べながら、生きながらえていたことが分かった。

母親が1カ月ぶりかに家に戻ってきた時、元気よく母親に抱きついた、というんだから、この情景には涙が止まらない。

母親は子供を育てるのが煩わしくなり、子供が死ぬことを期待して放置した。生命力の弱い1歳児は期待通りの結果になったが、4歳児は冷蔵庫のマヨネーズを飲み、生ごめをかじり、時には生ゴミを食べながら懸命に生きてきた。

北海道の12月は寒い。

乳飲み子の弟は、やがて餓死してしまった。遺体はミイラ化していた、というから暖房もない部屋で4歳児はずっと母親の帰りを待っていた。この生命力にはただただ感心させられるばかりだ。

母親は21歳。

長男は4歳で3人の子供いた。

子供が子供産み、自分の快楽を優先させた結末だ。

母親は死体遺棄などで起訴されている。執行猶予がつくにしても子供と一緒に生活させることはできない。

しかし、子供からすれば、どんなに鬼母でも、母親は母親。

おかあさ~ん、と母親に駆け寄った光景が痛ましい。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-04-09 22:07 | 社会ネタ