人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

鯨家危機一髪

この前、新世界の串かつ屋へ一緒に行った山口県の社長から夕方電話。

「今晩、一緒に晩めし食えるかの~?」

「大丈夫ですよ」

高島屋の前で待ち合わせると、社長はこうリクエストをしてきた。

「大阪ゆーたら、くじらが食べたいの~」

この社長は阪神高速を走っていたら見える看板の店をイメージしていたようだが、とっさに、2軒の店が思い浮かんだ。1軒はその阪神高速に看板を出している店だが、もう1軒の穴場の店へ行くことに。

千日前。黒門市場の近くの「鯨家」がそれ。

場末の小汚いビルの1階の奥まったところにその店はある。8人
も座ればいっぱいのカウンターだけの店。

4年ほど前に行ったきりで、店があるかどうか不安だったが、ちゃんと営業していた。

先客はいたが、3人座るには充分だった。

席に着くとマスターがこう声をかけてきた。

「どなたのご紹介ですかね?」

「4年ぶりぐらいなんですけど」

「あ~あ」

特徴のある顔を見て記憶の糸をたどってくれたようだ。

この店は一見客なんてまず来ない店。表に店の看板も出していないので、鯨料理目当てで来る客はいない。

ただ、この店はマスコミではたびたび紹介される店である。

ナンバグランド花月からほど近く、吉本新喜劇の芸人の溜まり場であるだけでなく、ほんとうにおいしい鯨料理を食べさせる店だからだ。

マスターはフランス料理のシェフからの転身。マスターの人柄が鯨料理以上にうまいのが、お客をひきつける要素である。

1人前1万円のおまかせコースをオーダー。

おばけを前菜にさえずり、ベーコン、ずけ、おのみ、たたき、などなどが出てきたあとはハリハリ鍋で〆る。

社長は「懐かしい味だけではなく、マスターの人情がある」と感涙。

ビールが進む進む。

3人で来たのだが、車なので1人は飲めない。

社長はしきりに「飲むか?代行で帰ったらええじゃけん」とビールを社員に勧める。

「今日はがまんします」

ここの料理が酒を飲まずにはいられない絶品ながら、ウーロン茶で耐えている。

4回ほど「代行で帰るか?」と飲むのを勧めたが最後までがまんし続けた。

本題はここからだ。

結局1滴も飲まずに、われわれが、おいしい鯨料理にビールを何杯もおかわりしていたわけだが、彼の行いに最後に女神が微笑んでくれた。

阪神高速を守口で降りたところで、飲酒検問に出くわす。

「すいません、ちょっと息を吐いてもらえますか」

ダライバーはためらうことなく「ハ~」

「はい結構です」

救われた。

その社員の意志の固さに救われた。飲ませた側も罰金になるわけで、清廉潔白。

乾杯の時に一口も飲まなかった社員に乾杯!

まさに鯨家危機一髪である。

人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-04-04 23:19 | 私的ネタ