人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

朝青龍の八百長疑惑は晴れたのか?

今場所は八百長疑惑を優勝で晴らさなくてはいけない大事な場所だったが、朝青龍は優勝決定戦で大関の白鵬にはたきこみであっさりと負け、優勝を逃した。

ちょうどNHKをつけたところ朝青龍が出ているが相手が千代大海ではない。つまり、13勝2敗同士で優勝決定戦にもつれ込んだようだ。

長いにらみ合いが続いた後の立会いだった。

一瞬のできごとで何が起こったのか、分からなかった。行司軍配は白鵬に上がった。

立会いからぶつかるところを頭からはたきこまれ、朝青龍が手をついてしまったのだ。物足りない優勝決定戦で、その瞬間座布団が舞い飛んだ。

負けたのに朝青龍が笑っている。苦笑いとも違う笑いだ。あの負け方は笑うしかないようだ。結びの一番で朝青龍が千代大海をはたきこんでいるからだ。

さっき自分が使ったばかりの手で負けたのだから、ここは横綱も笑うしかない。

白鵬は2度目の優勝だけでなく、明日は結婚の記者会見も待っているわけで、Wの喜びでもある。

八百長疑惑で注目が集まった大阪場所ではあるが、今場所の成績が物語るものは?

大関千代大海は勝ち越しがかかった結びの一番で負けたため7勝8敗となった。琴欧洲は8勝7敗。魁皇も8勝7敗。

大関陣の不甲斐なさが目立つ。
これでは相撲が面白くなるわけがない。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-03-25 18:40 | スポーツネタ