人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

希望枠撤廃ができない球界は終わり

西武の裏金問題を受け、アマチュア3団体から不正の温床と指摘されている「希望枠」撤廃に向けて、西武を除く11球団の代表が、今日午前11時から都内のホテルで会議が続けられているが、7時間経った現在、まだ結論が出ていない。

2004年、明治大学の一場投手へ自由獲得枠から裏金が動いていたことに端を発して、自由獲得枠を見直すために名称が希望入団枠に変わったのは2005年。それまで2枠あったものを1枠に減らした。

希望枠にこだわっていたのは巨人を筆頭にソフトバンクなど。金のない球団は希望枠撤廃を主張していた。

その巨人がやっと希望枠撤廃に向けて動き出した。

巨人人気の低迷から? 希望枠が巨人有利に必ずしも働くなったからだ。

希望枠を撤廃する代わりに、清武代表は日本版ウェーバー方式を打ち出している。

社会人は下位球団から、高校生は上位球団から指名する、という方式。

各球団の思惑が一致せず、今日も結論は出なかったようだ。

希望枠を撤廃すると同時に、現行のFA権取得までの1軍登録から9年間を5年に短縮する案もあるようだ。

これによって希望する球団へ移籍できるのを早めようということ。

いずれにしても、希望枠が撤廃できないことには、プロ野球界に自助能力がないということだ。

それでなくても、今年のメジャーリーグは松坂フィーバーで注目されているわけで、日ハム優勝でせっかく盛り上がっている日本のプロ野球が再び見放されてしまう。

ま、ナイター中継にはまるで興味がないわが家ではある。

追記

やっと希望枠撤廃で合意したようだ。ただし、来年からということで非難の嵐は吹きやまない。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-03-21 19:21 | スポーツネタ