人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

国交省はそれでもボンバルディア機を飛ばすのか?

タミフル10代服用禁止の陰で、もうひとつの重大事であるボンバルディア機の問題が棚上げにされたままだ。

3月13日の高知空港での胴体着陸後は、いつも以上に整備をきっちりしているはずなのに故障が絶えない。

胴体着陸から3日後の16日には、那覇空港を離陸したボンバルディア機が上昇中、速度計測器の凍結防止用ヒーターの警告灯が点灯したため、同空港に引き返した。

そして、1週間後の昨日20日、天草~熊本便で車輪が出ないトラブルが起こった。今回は幸い手動で車輪が出たため、ことなきを得たが、こうなると整備の問題ではなく、機体そのものの製造や設計に問題があるとみなしてもいいのではないだろうか。

そう、欠陥機だ。

車の欠陥も怖いが飛行機の欠陥はその比ではない。看過できない。

それこそタミフルの異常行動の比ではないほどの確率でトラブルが起こっている。日常茶飯事状態でトラブルが起ころうとも一向に改善されないまま、毎日のように日本の空を飛んでいる。

飛行機のトラブルは一歩間違えれば、乗客乗員全員が犠牲になる。

なぜ、国土交通省はボンバルディア機の使用を禁止する措置を取らないのか不思議だ。

急には代替機も確保できないからか?

利用客の少ない路線なので乗客の悲鳴が届かないからか?

トラブルがエンジンではなく、脚に集中しているので、最後は胴体着陸で対処せよ、ということか。

タミフルの10代使用禁止以上に、ボンバルディア機使用禁止が必要なのではないか。

重大事故が起こってからでは遅い。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-03-21 12:47 | 社会ネタ