人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

パチンコ攻略法会社の実態

パチンコの攻略方法などはありはしない。

強いてあるとすれば、パチンコをしないことである。
これなら負けることはない。

それでも、パチンコの負けを攻略法にすがって取り戻したい客は五万といる。欲の皮が突っ張った客はいる。その心理をたくみに操る会社に警察の捜査のメスが入った。

攻略情報の最大手でもある梁山泊が証券取引法違反で、大阪市西区の本社など全国40カ所の営業所などが一斉摘発されたのは14日のこと。

直近の年商は63億円あまり。一番儲かっていたときは月に10億円の売り上げがあった、というから驚く。

15万円で攻略法を買った女性客は、実機を買って家で特訓したが、「難しくて最後までできなかった」とさじを投げた。

梁山泊の元社員は攻略法そのものが「詐欺、捏造でした」と回顧する。

文句を言ってくる客に対しては、教室に招いて特訓させる。教室に置かれた機械は強制モードを仕込んだ機械だから、その手順どおりにすれば、大当たりを引き当てることができる。さも攻略できたかのように思い込ませることができる。

梁山泊側はあえて難しく、難しく、攻略なんてできっこない攻略法を売りまくった。それでも客の需要は絶えなかった。

それは特定の打ち方で全国のホールを震え上がらせた攻略法が実際にあったからだ。

当時はあえて、梁山泊の名前を名乗り台を占領した。いやなら、金を出せ。ホールは電源を切ったりして抵抗した。

当時は梁山泊も顧問弁護士を抱え、対抗した。そんなことができるのはバックに組織がついているから、ともいわれていた。

攻略できる機械がなくなるとともに梁山泊は解散したようだが、梁山泊の名前だけが残った。

梁山泊が売る攻略法なら間違いない、という客の心理を狙った。

やがては、攻略法詐欺も破綻することが目に見えていたようで、違うビジネスを模索していた。それが、株の不正な売買で、株価を不当に吊り上げたところで、高値で売りぬくことだった。

この株価操作にも組織とのつながりがあったようだ。

梁山泊の攻略詐欺商法は結局、組織の資金源=フロント企業だった、ということか。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-02-18 21:34 | 社会ネタ