人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

集金時に値引きを強要する北朝鮮の伝統手法

見積書で散々負けさせておいて、さらに集金に行ったときに負けさせる。これが朝鮮族の伝統的なやりかただが、ここにきて6カ国協議でもその手法をいかんなく発揮している。

見積書段階=交渉のテーブルに着かせる
集金時の値引き=不当な要求

アメリカによって凍結されていた北朝鮮の口座の一部を合法的なものと認めさせる代わりに、6カ国協議が再開されたようだ。

で、北朝鮮が核施設閉鎖で「初期段階に取るべき措置」の見返りとして北朝鮮へのエネルギー支援が最大の焦点になっているが、いざ、ふたを開けてみると完全に北朝鮮のペースで膠着状態にある。

当初、北朝鮮の要求は50万トンの重油だった。

この程度なら「まあ、よかろう」というのが5カ国の反応だったが、それに気をよくしてか、要求はどんどんエスカレートする。

今や200万トンの重油にプラスして200万キロワットの電力を要求し始める始末。

まさに集金時での値引きである。

これには5カ国はそんな不当な要求を呑めるはずものく、席をけり倒して帰りたい心境である。非核化の交渉に来ているのに、エネルギー交渉に問題がすりかわってしまっている。

交渉ごとには期限というものがある。一番困っているのは北朝鮮のはずなのに、そんな期限もどこ吹く風。200万キロワットの要求を飲ませるまでは一歩も引かない構えだ。

日本の業者なら集金時の値引きを渋々応じるが、北朝鮮の手法は国際社会では通用しない。

だから、世界から孤立する。

今日12日が6カ国協議の最終日だ。結局、何も決まらないまま終わってしまうのか。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-02-12 09:46 | 社会ネタ