人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

ノリの交渉人がボラス氏だったら

近鉄ファンでもないので、中村ノリが近鉄時代にどんな待遇を受けていたのかも知らないが、監督よりの絶大な権力を持ち、球団としては扱いにくい選手だったようだ。

それがメジャーに挑戦してくれて球団的にはよかったのか、悪かったのか。

メージャーでは記録を残せず、わずか1年でおめおめと日本に帰ってきた。日本球界復帰は亡き仰木監督に恩返しするため、というお膳立ても整った。

ところが、手首に死球を受けて、思うような記録も残せず、球団は2億円の年俸を8000万円へと激減させて契約更改に臨んだ。

人一倍プライドの高いノリはこれにブチ切れた。

球団は自分を必要としていない意思表示と受け止めたようだが、このノリの気持ちは分からないでもない。

近鉄時代は4番を張ってきた男だ。

減給はしかたないにしても、60%の大幅ダウンは近鉄時代なら信じがたい評価だった、と思う。

でも、ノリは読み違えていた。

もはやここは近鉄球団ではなく、オリックスであることを。

オリックスからすれば、費用対効果を考えると集客パンダは清原一人で十分。知名度、選手としての華、集客力など、どれを取っても見劣りするノリに2億円の高給を払う気はなかったのだろう。

退団が決定した今となって「2000万でも3000万でも全力でプレーする」といっているが、ノリの性格を知っている球団の罠に、ノリがまんまとはまってしまったように写る。

8000万円でもオリックスは不要だったはず。それを自らが退団の道を選んでくれて清々しているところだろう。

日本人の弁護士を契約交渉の代理人に使っていたようだが、交渉力での敗北だ。

松坂の代理人ボラス氏だったら、どんな交渉術を展開したか気になるところである。2億円の現状維持を最低限でもキープさせたかもしれない。

その前に年俸2億ぐらいでは引き受けてもらえないか。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-01-13 23:13 | スポーツネタ