人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

紅白、裸体ボディースーツダンサーの責任

手に持っていた皿を落としたのが、故意か偶然かを裁判でも判別ができないのと同じで、NHK紅白でDJ OZMAの裸体ボディースーツ演出をプロデューサーがあらかじめ知っていたのか、知らなかったのか。

問題はあの演出を許したNHKの責任問題という第2ラウンドに入った。

今頃NHK局内は正月気分も吹き飛び、責任問題でてんやわんやの状況が続いていることだろう。

おちゃらけた民放にはない、お堅い品格がNHKのよさでもある。

そのNHKに開局以来の大スキャンダルが、NHKで最も視聴率が取れる国民的番組の中で起こったのだから、一大事。しかも、不祥事続きから、受信料不払い運動もやや沈静化してきた頃だけに、また、不払いも再燃しそうだ。

NHKでは本番でも裸体ボディースーツは予見していなかったことを強調している。つまり、サンバの衣装を着たダンサーが脱ぐことまでは想定していなかったようだ。

リハーサル前の会見でOZMAはパンツを脱ぐかのような発言。「くさいメシを食ってくるかもしれません。NHKを出禁で済むんならラッキー」、「NHKは後悔すると思う」とこの事態を示唆していた。

みんなの視線はOZMA。いつ、パンツを脱ぐのか。こうやってOZMAにひきつけておいて、ダンサーがストリップを始めてしまう。視聴者の視線はOZMAからダンサーに切り替わった。

司会の仲間由紀恵の目を丸くした反応を見ても、リハではなかった演出と思われる。

いくら、NHKが視聴率が欲しいといっても、こんな危険な賭けをするわけがない、と思われるのだが、プロデューサーとOZMAの2人だけの間でどんな密約があったかどうかは、当事者でなければ、知る由もない。

視聴率稼ぎのためとはいえ、使い方次第では劇薬~毒薬にもなるOZMAを選んだプロデューサーの責任は免れない。

視聴率に迎合した結末か。

ところで、本当は千葉県君津市出身のOZMAの出身地が東京・六本木になっていたが、この程度で目くじらを立てるものはいない。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-01-01 13:58 | テレビネタ