人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

京都散策

2日前の着信履歴で朝一で電話が入る。

会社更生法の適用を債権会社から申請されて、会社がどうなるか分からない会社の専務からだった。

まさか、そんな最中に電話をくれるとも思っていなかった。

「例の件ですけど、実際のところどうなんですか。話しを聞かせてくださいよ。今日はずっといるんですか? 午前中に行きますから」

「今日はずっといるよ。取材はだめだけど、雑談なら」

そんなこんなで、取り急ぎ京都へ。

3時間近く話しを聞いた。

重たい内容だ。

自分自身の頭で噛み砕くために整理する時間が必要だった。

地下鉄、JR、地下鉄、タクシーを乗り継いで来た道をそのまま反芻する気にはならない。そのまま、会社に帰ったのでは冷静に判断できない。

千本中立売から京都を歩く。

帰る先は大阪だが、どの駅から帰るか、定まらないままに歩く、歩く。

意地でも歩く。

で、東に向かって歩いていたら、京都御所の南側、丸太町通りに出た。

それをさらに、東へ向かえば、京阪。

約40分ほど歩いただろうか。

思ったことは京都はやはり歩く町だ。

グルメ派にはたまらない店構えに何店も出くわす。直感的に入りたいと思った店が洋食の「昭和食堂」、和風の店構えの中華の店。

本題はここ。

京都は自分の足で歩くだけで、心ときめく食物屋がいくらでも発見できる、ということ。観光ガイドマップに頼らなくても、発見があることを発見できるのが、京都の楽しみであることを発見した。

歩けば、歩くほど京都には発見があるわけで、重たい話も、京阪に出るころまでにはすっかり薄らいでいた。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-11-22 23:55 | 私的ネタ